北朝鮮の国営メディアが、米軍艦が近づくにつれて核攻撃を警告

北朝鮮の国営メディアが、米軍艦が接近した場合、核攻撃をおこなうと警告した。ミサイルや核実験を含む北朝鮮のさらなる挑発が予想される。


BySu April 11, 2017


北朝鮮の国営メディアが、米軍艦が接近した場合、核攻撃をおこなうと警告した。

ミサイルや核実験を含む北朝鮮のさらなる挑発が予想される。


=======================


ByReuters April 11, 2017


*北朝鮮の国営メディアは、挑発された場合、米国への核攻撃を警告した。

*米軍艦は、朝鮮半島に向かった。

*トランプ氏は北朝鮮に「紛争を招いている。」と述べた。

*「北朝鮮に対する米国の攻撃の可能性についてロシアは "本当に心配した”。」(トランプ氏のツイッター)


By Sue-Lin Wong

平壌 4月11日ロイター発:


火曜日、北朝鮮の国営メディアは、西太平洋に向かって米海軍の攻撃隊が進行したとして、米国の攻撃の兆候がみられた場合、米国への核襲撃を行うと警告した。


ドナルド・トランプ大統領は、中国に対し、窮地に陥った隣国を統制するよう促していた。

トランプ氏は、北朝鮮は「紛争を招いている」と語り、「米国は中国の支援の有無にかかわらず「問題を解決する」と述べた。


先週、シリアに対する攻撃に続き、北朝鮮が間近に6回目の核実験を実施するかもしれないという懸念の中で、アメリカの軍事行動に話し合いにおいて弾みがつき、朝鮮半島で緊張が急激に高まった。


北朝鮮の公式ロドン・シンムン(労働新聞)は、

「我が国は、米国のいかなる侵略にも対応できる用意がある。」と述べた。

「我々の革命的な強力な軍隊は、韓国と太平洋の軍事戦域だけでなく、米国の本土にも、米国の侵略基地に焦点を当てた核実験で、敵の要素によってあらゆる動きを鋭く見守っている」と述べた。


韓国の黄教安黄大統領代行は、北朝鮮の「さらに大きくなった挑発」を警戒し、軍の監視を強化し、米国との緊密な連絡を確保するよう命じた。


朴槿恵元大統領が汚職事件で摘発されて以来、実質上のリーダーである黄氏は、

「最高人民会議をはじめとする様々な記念日をひかえ、核実験などのより大きな挑発をもたらす可能性がある」と述べた。


トランプ氏は、ツイッターで次のように述べた。

「中国と米国の貿易協定は、北朝鮮問題を解決すれば、彼らにとってははるかに良くなる。」


トランプ大統領は先週、習主席とフロリダで首脳会談を開催し、

「中国が(この問題の解決を)支援すると決めるならば、それは素晴らしいことだ」

と彼はのべ、

「そうでなければ、私たちは彼らなしで問題を解決するだろう!」

と、、北朝鮮を制御するよう迫った。


火曜日、北朝鮮は最高人民会議を開いた。この会議では、主要な予定が発表され、国の政策目標が正式に承認される年2回のセッションの1つである。

しかし、そのことについてすぐに詳細をリリースしなかった。


韓国の当局者は、切迫したセキュリティ危機や戦争の勃発について語られるソーシャルメディアを鎮めようと苦労した。


国防部のスポークスマンMoon Sang-kyun氏は、

「朝鮮半島の治安状況について誇張された判断で盲目にならないよう予防措置を要請したい。」と述べた。


土曜日は、金正恩の祖父である金日成国家の創設105周年である。

北朝鮮の首都平壌では、その日を迎えるための軍事パレードが予定されている。

北朝鮮はまた、国連安全保障理事会の決議に違反して核ミサイルの性能のテストを行う重要な記念日になることも多い。

平壌の街でカラフルな衣装を着た男性と女性は、以前よりも明るい照明で照らされ、歌を歌い踊っていた。これは、計画されていたパレードのために練習している。


シリアのバシャール・アル・アサド大統領は、「(領土)拡大主義」政策のために「大きな力」を誇示し、この出来事を記念してお祝いのメッセージを送った。

「友好的な2カ国はこの記念日を祝い、同時に、大国の野望に対する戦争を展開し、すべての国に拡大主義支配政策を適用し、かれらの自決権を剥奪する」

と北朝鮮のKCNA報道機関はこのメッセージを引用して言った。


KCNAの声明で、北朝鮮の外務省は、

「米海軍の攻撃隊のアプローチは、米国の侵略に対する無謀な動きが深刻な段階に達した」

と表明した。


「我々は平和のために嘆願することは決してないが、強力な軍事力で我が国が選んだ道を守るために、自分自身で守り、工作員たちに対して最も厳しい対抗処置をとるだろう。」

と、匿名の省庁広報担当者は述べた。


北朝鮮と豊かで民主主義的な南は、1950〜53年の紛争が平和条約ではなく、停戦で終わったため、正確にはまだ終戦していない。

北朝鮮は、南朝鮮とアメリカを含むその主要同盟国を破壊することを定期的に脅している。。




海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。