北朝鮮の次のプランB

複数の空中核実験が失敗した場合、北朝鮮は潜水艦E攻撃で世界へ見せしめに「計画B」を持っている。


By Clayton 2017 April 12


複数の空中核実験が失敗した場合、北朝鮮は潜水艦E攻撃で世界へ見せしめに「計画B」を持っている。

潜水艦がはすでに、北朝鮮軍が致命的な影響を及ぼしており、最近では、2009年に韓国の海軍潜水艦を沈没させ46人が死亡させた。

現在、イギリスのデイリー・エクスプレスは、金正恩が水中の軍事火力を増やしていると報道している。

「北朝鮮は依然として核搭載型のミサイルを開発するのに苦労しているが、水中の軍事力は急速に高まっている。」


=====================


エクスプレスUKより


同国は過去に壊滅的な影響をもたらす数多くの潜水艦を保有しており、現在は核兵器の発射に適応しているという懸念がある。

さらに、憂慮すべきことは、「消えて」発見を避ける検出される潜水艦の能力である。

2015年には50人が行方不明になり、ソウルと東京で警鐘がなった。


セキュリティ専門家のブルース・クリングナー氏はCNBCに次のように語った。

「当時は彼らがどこにいるのか分からなかった。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBMs)を打ち上げる可能性のあるので、特に監視することを望んでいる。」

「また、いつのまにか核兵器を持っている可能性もあるので、そのこともすべてにおいて非常に心配だ。」


北朝鮮の静かな場所からではなく、潜水艦からの攻撃を開始できることは、金正恩の敵に対し、新たな危険をもたらす。


クリングナー氏は、国境を越えた攻撃に対する防衛策のために、海洋からの攻撃は驚くほど韓国にダメージを与えると説明した。


彼は次のように述べた。

「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の問題は、それが韓国の側面を攻撃にさらすことである。

潜水艦はすでに、北朝鮮軍が致命的な影響を及ぼしているが、最近では、2009年には韓国の海軍潜水艦が沈没し、46人が死亡した。

それに核兵器を加えることは、東アジアの国々にとって破壊的であることがわかる。」


他の軍事専門家は、壊滅的な北朝鮮が原子力潜水艦を使用する可能性があると警告した。


米国企業研究所のシンクタンクのニコラス・エバーシュタット氏は、次のように述べた。

「従来の軍隊は現時点ではあまり役に立たないかもしれないが、大量破壊兵器をたくさん持っている。

たとえ彼らが戦争で負けることになっても、彼らは私達に対し、非常に多くの人々を殺す可能性がある。」


先週のシリアでの米軍攻撃に伴い、朝鮮半島の緊張が高まっている。

ありがたいことに、この小さな男はトランプ大統領とは似合わない。

私たちは、大統領があらゆる外国の脅威から安全を守ることを完全に確信している!


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。