フランス:フェイスブックは、大統領選前に3万人のアカウントを停止した。

フェイスブックは、金曜日、大統領候補マリーナ・ルペンを支持している3万人のフランス人のアカウントを停止した。


By Sean Adl-Tabatabai April 14, 2017

By Milo April 14, 2017

By Breitbarttech  April 14, 2017

=========================


フェイスブックは、金曜日、大統領候補マリーナ・ルペンを支持している3万人のフランス人のアカウントを停止した。

フェイスブックIncは、この動きがフランスの選挙に先立ってフェイクニュースの拡散を阻止する努力の一部であったと主張し、木曜日にアカウントを停止する意向を発表した。


しかし、マリーナ・ルペン氏の人気が高まる中、激しく争われた選挙の10日前の一時停止は、彼女を検閲するように設計されていると評論家たちは主張している。


========================


フェイスブックは、彼らのプラットフォームにおいて、彼らがフェイクニュースであると言っているものと戦うために多くのことをしてきた。

しかし、フェイスブックが検閲したものはすべてがフェイクというわけではない。


フェイスブックは、強姦や殺人の容疑者であるイスラム教徒を批判した女性を検閲したと伝えられている。


それから言うまでもなく、ヒラリークリントン氏のFBI調査について検閲し、ソーシャルメディア全体で報道管制があった。


フェイスブックが「フェイクニュース」の技術を公開したドイツでは、すでに同様のタイプの検閲が行われている。


最近フェイスブックが、パキスタンの政府関係者を助けるために、ソーシャルメディア7サイトの「不愉快な」コンテンツを検閲していたことが報告された。


フェイスブックは最近、ドイツとフランスから極端な圧力を受けている。

ソーシャルメディアの巨人が「オルタナティブ」と見なすコンテンツをすぐに削除しない場合において、欧州の指導者たちは新しい法律や罰金を提案した。


フェイスブックは、すでにフランスで、ユーザーのフィードでいわゆる偽のニュースと戦うためにサードパーティのファクトチェッカーを使うプログラムを公開している。


========================


ブライトバートから:


木曜日、フェイスブックIncは、スパム、誤報、または虚偽のアカウントの作成者がよく共有する他の不正なコンテンツを含む、「不正な活動によって生み出された記事の拡散を減らす」と発表した。

その目的は「フランスのアカウントに対して行動を起こすことを可能にし、トラフィックが最も多いサイトを取り除くこと」と述べた。


4月23日から5月7日までの2大大統領選挙のキャンペーンでは、Facebookやフランスのメディアが、誤解を招くような情報に対処するために、フランスで事実調査プログラムを実行している。

欧州当局は、「欧州の憎悪やその他の法律に違反する過激宣告やその他の投稿を削除するよう」FacebookやTwitterにも圧力をかけている。



詳しくはこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。