金正恩が核兵器を発射したらどうなるかについての検証

金正恩が核兵器を発射したらどうなるのだろうか?私達が疑問に思っている質問を検証してみた。


By RYAN PICKRELL April 16,2017


======================


金正恩が核兵器を発射したらどうなるのだろうか?

私達が疑問に思っている質問を検証してみた。


まず第一に、北朝鮮との「核戦争」の可能性は依然として極めて低い。

金正恩は、世界の歴史のなかで最も強力な国との戦争は始めない方が良いということはわかっている。彼は文字通り彼自身のいを書いていただろう。

しかし、問題はまだ全員の心にある。


=======================


北朝鮮が核実験を開始すればどうなるだろうか?」


そのために、Daily Caller は発生しうるすべてのことを網羅し分析した。


何十ものミサイルが飛び立つ。


何年もの間、世界は北朝鮮の警告を聞いていたが、ほとんどの人がその日が来ることを疑っていた。

大部分のミサイルは同盟国が防衛する前に落ちるが、その痕跡を発見する - それは最も重要な事である。

何百万人もの人々が滅びるのではないにせよ、何十万人もの死者がでる。

北朝鮮は核兵器を発射するだろうか?

誰にも確信は知りえないが、我々が知っていることは、上記のシナリオがまさに積極的かつますます強力に北朝鮮が何十年にもわたり脅してきたことだということである。


隔離された国家体制は、以前は必要な武器が不足していたかもしれないが、北朝鮮は今や脅威の少なくとも一部を約束に変えるような能力を現在持っている。


米国と東アジアの同盟国は、戦略的な防衛資産を適所に保有しているが、戦争は不確実性に満ちている。


「人々は、ミサイル防衛は魔法の杖だと思っている。それらはそうではありません」

と有名な武器専門家ジェフリールイス氏は、The Daily Caller News Foundation(TheDCNF)

に語った。


もし、北朝鮮が引き金を引くとどうなるのか。

起こり得ることは次のとおりである。


=======================


発射が切迫した状況の場合、何が起こるだろうか?


米国とこの地域の同盟国は、決して北朝鮮の核攻撃の準備ができていないわけではない。

米国と韓国の両国は、北朝鮮の核攻撃が切迫している状況の場合、先制攻撃計画を立てている。

日本は新たな選択肢を検討しているが、依然として米国の防衛に大きく依存している。


韓国は3段階防御システムを持っており、その第1段階は北朝鮮の攻撃能力を排除するための先制攻撃戦略である。

「キルチェイン」先制攻撃システムは、核ミサイル打ち上げの兆候を検出し、巡航型ミサイルやその他の兵器を用いて北朝鮮の核兵器基地とミサイル基地を攻撃する。


また、米国と韓国は、共同計画である対応計画である(OPLAN)5015を持っている。

OPLAN 5015の詳細は機密扱いにされているが、前の非常事態計画、特にOPLAN 5029(北朝鮮の内部の不安定性)、OPLAN 5027(全面戦争に対する準備)と北朝鮮から局所的な挑発を含んでいる平時の計画を強化する計画だと考えられる。

OPLAN 5015は、北朝鮮の不可欠な軍事施設と武器、そしておそらく北朝鮮の指導者に先制攻撃を支持する疑いがある。


核ミサイルの打撃が差し迫っているようであれば、連合軍は打ち上げ時に北朝鮮のミサイルを排除しようとするかもしれない。


「北朝鮮が核武装ミサイルを発射するポジションについたならば、米国は”発射台上で発射能力を取り除く”ための行動に移すことができる」

とマイク・ミューレン氏(前統合参謀本部議長)は、昨年述べた。


米国と韓国は、このような不測の事態に備えて定期的に訓練している。


例えば、毎年恒例の Key Resolve and Foal Eagleの演習では、米国と韓国軍は、北朝鮮の攻撃を感知し、妨害し、破壊して防御するための先制軍事オプションを含む「4D」運用計画を訓練している。

重点的に取り組んでいることは、敵の中心的な軍事施設と兵器システムに対する正確な攻撃である。


課題は、ますます北朝鮮のミサイルが移動式発射台上にあり、国に点在しているという点である。さらに、韓国人民軍(KPA)は、個体燃料によるミサイルを使い始めた。

そして、彼らは、あらかじめ燃料を供給することができ、限られたクルーしか必要としないため、準備時間が大幅に短縮される。

固体燃料ミサイルは、警告を少なくして発射することができ、追跡することがはるかに難しく、先制攻撃に強い。


もう一つの問題は、北朝鮮に対する先制攻撃は、外交的に正当化することが非常に難しいかもしれないということだ。

特に戦争が余波で勃発した場合、それはまず間違いない。


=======================


核兵器が既に空中にある場合はどうすればいいのだろうか?


北朝鮮のミサイルが空中に入ると、そのような状況の計画も同様にある。

韓国と日本は、段階的ミサイル防衛に頼っている。


韓国の3段階防御システムの第2段階は、着弾ミサイルを迎撃するように設計された韓国空軍・ミサイル防衛(KAMD)システムである。

数週間前北朝鮮が日本海に4発のミサイルを発射した後、米国は、韓国へのTHAADミサイルを設置し、韓国の防衛を強化している。


THAADの陸海軍/トランスレーダー監視(AN / TYP-2)Xバンドレーダは、2つのセッティングのうちの1つに構成することができる:

前線基地モードとターミナルモード。

後者の場合、レーダーは数百マイルの範囲を持ち、飛行の最後の段階でミサイルを除去することが容易にできる。

前者では、レーダーの範囲が拡張され、初期段階または発射段階で発射体をターゲットにすることが可能になる。


テリトリーを詳しく見るレーダーの性能についての中国の懸念を和らげるために、米国はターミナルモードでTHAADを構成することに同意した。

中国はTHAADT配備に引き続き反対を示している。

THAADは韓国のミサイル防衛にとって重要なステップである。


「THAADは、韓国が何十年も持っているものよりも優れている」

と、ヘリテージ財団の北東アジアの上級研究員として韓国と日本の情勢を専門とするブルース・クリングナー氏はTheDCNFに次のように語った。

「そこに配備される米軍と韓国の防衛を強化するため我々がTHAADを配備することは不可欠です。」

と述べた。

また、多くのイージス駆逐艦が韓国の海域で活動している。

米国はこの地域にいくつか常泊させている。

日本には6艦、韓国には3艦ある。イージス艦弾道ミサイルシステムは、 複数のミサイルを同時に追跡し、必要に応じて敵の弾を迎撃することができる。

しかし、韓国の防衛にはいくつかのギャップがある。

まず、韓国のKAMDは、より広範囲に同盟国の防衛システムに組み込まれておらず、全体の有効性を弱める。

また、南朝鮮は特に、潜水艦発射弾道ミサイルが脆弱である。

昨年、そのことを北朝鮮がうまくテストした。


日本は防衛において、はるかに「前向きである」とクリングナー氏は述べた。

日本には、パトリオット先進能力(PAC)-2,3システム、イージス駆逐艦、SM-3迎撃艇がある。

日本は国防を促進するために日本国内にTHAADとイージス・アショアユニットを配備することを検討している。


米国には、フォート・グリ―リー、アラスカ、バンデンバーグ空軍基地、カリフォルニアに地上に配置されているミッドコース防御システムがある。

しかし、ミサイル防衛システムには限界がある。


クリングナー氏は、

「確かにその可能性はあります」

と述べた。

特に大部分の地域ミサイル防衛システムが実際の戦闘状況でこれまでテストされなかったことを考慮すると、核弾道ミサイルが、同盟国の防衛を逃れることも考えられるからだ。


モントレー国際ミドルブリー研究所のジェームズ・マーティン・センター内の東アジア非拡散プログラムのディレクターであるジェフリー・ルイス氏は、

「ミサイル防衛は脅威を軽減するのに役立つが、排除できない」

とコメントした。


最も簡単な言い方をすれば、ミサイル防衛には別の弾丸で弾を打つことが含まれるが、これは簡単な作業ではない。


「ミサイル防衛システムは、100パーセントの効果を決して提供しません。

THAADの追加はソウルの防御を保証するものではありませんが、絶え間なく変化する防衛のパズルに新たな要素を追加します。」

と、地政学的情報プラットフォームのストラスフォーの戦略分析の副社長ロジャー・ベイカー氏はTheDCNFに語った。


北朝鮮は、同盟国の弾道ミサイル防衛システムを回避するために必要な能力を急速に開発している。

「北朝鮮は、防衛システムを構築し、配備するよりも、おそらくより迅速かつ安価にミサイル(特にERスカッド)を造ることができるだろう」

と、ルイス氏は指摘する。


最近の兵器実験や軍事訓練では、北朝鮮は複数のミサイルを連続して発射したり、同時に敵のミサイル防衛システムを制圧したりしている。


「これは”一斉発射”と呼ばれる戦術であり、あらゆる種類の弾道ミサイル防衛に大きなストレスをかけるように設計されています。

今日、米国、韓国、日本の軍隊が使用している戦闘管理システムを”飽和させ”ためにどれだけ多くの同時攻撃が行われるのか分かりませんが、北朝鮮人は一斉発射機能を改良しようとしています。 」

とヨシュア・ポラック氏はTheDCNFに語った。


彼は、The Nonproliferation Reviewの編集者、でありモントレーのミドルブリー国際研究所のジェームズ・マーティン・センターの上級研究員である。


「たとえ防御を飽和させることに成功しなかったとしても、少なくとも防御力を枯渇させるだろう。攻撃の数が限られている。」

と、彼は付け加えた。


北朝鮮が去年の9月に、同時に3機のミサイルを発射した後、武器制御研究所の非拡散政策担当ディレクター、ケルシー・ダヴェンポート氏は、次のように語った。


「十分に同時発射がTHAADシステムを制圧し、核武装された弾道ミサイルが韓国の目標に到達するリスクを増大させる可能性がある。」


ルイス氏は、「複数のミサイルの同時発射は”基本的なミサイル防衛反撃”である」

とCNNに述べている。

また、

「THAAD1台では不十分です。より多くとは言わないが、2つは必要です」

と、彼はTheDCNFに語った。


「よい知らせは、防衛力が最初の一斉射撃に対して上へ保つならば、彼らが以前より発砲したあと、移動式ミサイルを見つけることが非常により簡単であるということです」

と、ポラックは説明した。

そして、

「弾道ミサイルは発射と同時に非常に熱くて明るいので、発射地点を非常に速く衛星が感知することができます。」

と付け加えた。


「おそらく空の北朝鮮のミサイル発射車両は、再装弾の前に捜索される可能性がある」

と述べたが、保証はない。


=======================


発射後の反応はどうだろうか?


北朝鮮が核実験を成功裏に実施した場合、米国は核兵器を使って北朝鮮を爆破すると多くの人々は仮定している。


彼らが核兵器を使うならば、平壌を舗装して100万人の市民を殺したいのですか?

その意図が指導者を排除することであり、それが精密誘導兵器で行えるのであれば、核兵器を使用することは地球上の利益になるのだろうか?答えは不明である。


「”彼らが核兵器を使用し、我々が核兵器を使用し、彼らが持っているすべての都市を破壊する”という自動的な反応から米国の核戦略は確実に進化しています。

もし、北朝鮮が核実験を開始した場合、我々が他の手段で目的を果たすことができれば、それは自動的に核兵器をつかうことでないかもしれない。」

とクリングナーはTheDCNFに述べた。


北朝鮮に対して報復するために核兵器を使用することの決定は、目標と同様に攻撃が成功したか同課にかかわらず、おそらく結果として一般の抗議に基づく可能性のある政治的決定である。


ベーカー長官は、

「米国は、潜在的な軍事偶発事態に数々のシナリオを維持し、更新しており、北朝鮮に関するものは頻繁に見直されている」

「限られた北朝鮮の行動は、国連で大規模な米国軍事増強と非常措置をまず最初に生むかもしれませんが、完全な軍事介入はそれほど遅れそうにないだろう」

と、DCNFに述べた。


戦争が勃発すると、状況はすぐにはるかに複雑になる。

米国とその同盟国に有利な点があるが、半島の戦争はほぼ確実に犠牲者紛争の多いものとなるだろう。

韓国と日本は独自の軍隊を持っているが、重大な危機が発生した場合には依然として米国に頼っている。


しかし、韓国は3段階防衛の第3段階である韓国の大規模な懲罰と報復(KMPR)計画として知られている独立した戦略を持っている。

KMPRの計画には、特殊部隊を使って北朝鮮の資産を壊滅させ、指導者を排除することが含まれる。韓国はまた、ミサイルと砲兵隊を動員するだろう。

韓国のKMPR計画は、平壌の特定の重点地域の完全な消滅に焦点を当てている。


「北朝鮮の首都は灰になって、地図から削除される」

と、匿名の国防当局者がコリア・タイムズに明らかにした。

「特に北朝鮮の指導者がおそらく隠される場所で、あらゆる平壌地区は弾道ミサイルと高性能爆薬シェルで完全に破壊されます。」


日本は防衛的、反撃的能力の開発を検討しているが、これらの議論はまだ初期段階にある。


従来の兵器だけに依拠すれば、北朝鮮は、長期間の軍事紛争でも生き残ることは難しいが、ここは複数の大量破壊兵器が動き始めている場所である。


「北朝鮮は、紛争の際にソウルとその周辺地域に大きな被害をもたらす可能性がある」

と、ランド社の上級防衛研究者、ブルース・ベネット博士は以前TheDCNFに語った。

また、

「北朝鮮が韓国を攻撃する際に拘束され、従来の武器だけを使用すれば、韓国の防衛を圧倒することはないだろう。しかし、大量破壊兵器や他の不釣り合いなアプローチを用いると、北朝鮮は韓国の防御を克服することができるかもしれない。戦争には常に大きな不確実性がある。」

と述べた。


アッシュ・カーター国防長官は、

「北朝鮮の敗北であろう。この戦争の結果を確信している。」

「私はあなたに警告する必要がある...これは激しい暴力を伴う戦争だ。それは私たちが以前の韓国戦争以来見たことがないものです。ソウルは非武装地帯の国境の近くにあり、結果は確実だが、それは非常に破壊的な戦争だ。」

と 、ABC記者に語った。


=======================


誰が北朝鮮を爆撃するだろうか?


北朝鮮は定期的に米国に対し、核戦争を脅かしているが、これは北朝鮮が長期的な生存の最大の脅威と認識している。

しかし、北朝鮮が米国大陸に打撃を与えるために必要な長距離ミサイル技術を開発したとは考えにくい。

それでも、北朝鮮は信頼性の高い核武装の大陸間弾道ミサイルを開発するために絶え間なく努力しており、ほんの数年で持つかもしれない。


「最初のトランプ任期の終わりまでに北朝鮮が核兵器を搭載したミサイルで米国を襲う可能性は本当にある」

と、ホワイトハウス国家安全保障担当補佐官KTマクファーランド氏は述べた。


「彼らはどこにいるのかわからないが、どのような道があるのか​​を知っている。」

と、クリングナー氏はTheDCNFに語った。


北朝鮮は、テポドン型のロケットを使って衛星を打ち上げた。

これは潜在的にICBMの技術基盤となる可能性がある。

ロケットエンジンは、ほとんどの専門家が懐疑的だったものよりも優れた改良型ロケットエンジンを開発している。

また、北朝鮮は、2つの道路移動式ICBMであるKN-08とKN-14に取り組んでいるようだ。


しかし、北朝鮮は明確な進展を見せているが、ミサイル弾頭能力をまだ示しておらず、依然として適切な核弾頭を開発している。


北朝鮮が外国の敵に核武装したミサイルを発射した場合、照準となる可能性が最も高い国は韓国と日本であり、約1億8,000万人の人々と約7万5千人の米軍がいる。


北朝鮮が簡単に決定を下したこの2カ国のいずれかに北朝鮮が発射した場合、朝鮮人民軍は、軍事基地と戦略資産、密集した民間人の標的、あるいはその両方を攻撃する可能性がある。


特に、

「北朝鮮人は両方とも言います」

「ショックが反発することを望み、そうでなければ、ダメージによって私たちが減速することを願っている。」

と、ルイスはDCNFに説明した。


数年前、平壌は次のように誓った。

「東京を核の炎で破壊するだろう。」


そして、昨年の初め、北朝鮮は

「ソウルを火の海に変える。」

と、脅迫した。


このような脅しは非常に一般的である。

同時に、北朝鮮は、「戦略的資産、主要港湾、重要な軍事基地を攻撃する」とを脅し、さらに訓練してきた。


米国と韓国は韓国内にTHAADミサイルシールドを配備する計画を発表した数日後、北朝鮮が宣言した。

「(THAADが)配備されている星州郡は火の海と灰の山に変える。」


米軍が朝鮮半島で紛争の可能性があるために同盟国と共同軍事訓練を行う場合、北朝鮮はしばしば同盟軍、武器、防衛システムの慣習的または核攻撃のために訓練を行う。


昨年、フォールイーグル(半島の有事のための米国と韓国の間で毎年恒例の合同軍事演習)訓練中は、北朝鮮がその東海岸沖に2短距離ミサイルを打ち上げた。


「我々が、たった今敵を全滅させるためにボタンを押したら、挑発拠点のすべて炎と灰の中の海になるだろう」

とその時、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は報道した。


打ち上げからの地図のイメージとオープンソースの分析は、韓国人民軍が原子力潜水艦USSオハイオが港に到着したばかりの釜山港の攻撃をリハーサルしていたことを示している。


北朝鮮は、今年の訓練の間、日本海に4つの拡張範囲スカッドミサイルを発射した。

KCNAは、

「KPAの砲兵は、日本の米帝国主義侵略軍の基地を攻撃することを任されている。」

と報じた。


打ち上げに続く北朝鮮の宣伝ビデオに示された地図のオープンソース分析は、北朝鮮が海兵隊F-35の唯一の前方配備艦隊である日本の米国海兵隊航空岩国基地への核攻撃をシミュレーションしていたことを示唆した。


「米国と韓国は北朝鮮侵攻を訓練している。北朝鮮はそれらの軍隊を攻撃する訓練をしている。」

とルイス氏は 以前、北朝鮮のミサイル発射の明白な変化に注目してTheDCNFに語った。


兵器の信頼性と可能な統一目標は、北朝鮮の目標選択に影響を与える可能性がある。


「北朝鮮のミサイルは、まだ改善されているものの、それほど正確ではない。

このように、平壌はその限られた核兵器保有量で日本の米軍施設を目標にすることを好むかもしれないが、紛争の政治的コストを急速にシフトさせるために、大規模な居留区に向けていくつかのミサイルを発射する法を選ぶかもしれません。」

とベーカー氏はThe DCNFに語った。


「平壌は、核兵器を韓国で使用する可能性は低いが、米国の前進を中断させて、遅くするために化学兵器を使用するかもしれません。」

と付け加えた。


=======================


なぜ北朝鮮は核ミサイルを発射するのだろうか?


北朝鮮は、核兵器が国の生存を保証できる唯一のものだと考えている。

北朝鮮は何も恐れておらず、米国とその同盟国を「貴重な核剣」で壊滅させると主張している。


しかし、現実は、米国とその戦略的パートナーによって破壊されることは、いつかは存在しなくなる可能性があることを懸念している。


その未来が永久に不透明であるため、北朝鮮は、唯一の現実的な長期的な安全保障の選択肢は、核兵器の開発だけであると考えている。


金正恩最高指導者の懸念は、北朝鮮が他国に対する核実験を開始するかどうかが主な要因である。


「彼のルールと彼の王朝が脅かされている場合は、金正恩がボタンを押すと思います。」

「彼はどんなことでもするかもしれません。」

昨年亡命した元北朝鮮高官タエ・ヨンホ氏は説明した。


「北朝鮮の視点に立つと、彼らは潜在的な紛争の中で、世界最大の単一軍事力と原子力に直面していると考えている。

核兵器の追求は、弱い軍事的地位に対抗するための抑止力として意図されている。」

とベイカー氏は説明する。


北朝鮮の最大の狙いは、

「周辺の米軍の増強を止め、イラクの運命から北朝鮮を守ることである。

」とポラック氏はTheDCNFに述べた。


その狙いは主に核抑止力である。


北朝鮮が核兵器を使用していたのであれば、紛争が発生した場合、紛争が差し迫っている場合、あるいは外部要因が国の生存に直接的な脅威をもたらした場合、両国がこれらの状況をどのように認識しているかは様々であり、どの行動が北朝鮮を押し進めるのかを判断することは難しい。


ベーカー氏は、

「核やミサイルの施設に対する攻撃が近いうちに脅かされていると考えているのか、あるいは従来のシステムで当初対応するのかどうかは明らかではない。」

と説明し、

「北朝鮮は大量破壊兵器(WMD)を迅速に使用する必要があるか、あるいはその能力をノックアウトする危険を冒すことになる」

と、述べた。


北朝鮮の脅威にもかかわらず、北朝鮮が核攻撃を行う可能性は比較的低い。

しかし、金正恩は、最終的には、いくらか容疑者として不合理でも狂っているわけでもないが、押さえつけが起これば、考えもしないことを決める二次元の思想家である。


北朝鮮の核の脅威は、何十年もの間、世界のリーダーを当惑させているものである。

弾道ミサイルと核兵器の北朝鮮の備蓄は毎日増えている。


ルイス氏は、

「現時点では、北朝鮮が兵器を拡大するのを妨げるような制約はない。」

「我々は、北朝鮮人が好きではないかもしれないが、彼らは、我々が彼らに対処しなければならないことを確かめる方法をほとんど見つけている。」

と、述べた。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。