ロシア:第三次世界大戦に備え、プーチンは北朝鮮国境に軍隊を多量に移動し始めた。

ウラジミールプーチン大統領は、第三次世界大戦を予期して、北朝鮮国境に向かって軍隊を大量に動員し始めた。


By Sean Adl-Tabatabai   April 16, 2017


ウラジミールプーチン大統領は、第三次世界大戦を予期して、北朝鮮国境に向かって軍隊を大量に動員し始めた。

ソーシャルメディアにアップロードされたばかりのビデオ映像は、北朝鮮からわずか8マイルのロシアのウラジオストクを通過する軍用車両を示している。

最近のシリアでのミサイル攻撃でロシアと米国の緊張が高まっている中で、厄介な北朝鮮が米国、中国、ロシアのより拡大した戦争の恐れが高まっている中の動きである。

==========================


UKExpressから:


伝えられるところでは、ロシアは都市の方へ軍の車両を動かした。

そこは、北朝鮮の攻撃有効距離の範囲内である。

ロシア政府が確認していない劇的な動きは、国境を越えた都市の住民によって発見され、ソーシャルメディアに投稿された。

これは、北朝鮮が米国との全面戦争の準備をしていると警告し、中国が二国間勢力の撤退を訴えていることから来ている。

ウラジオストクの映像が登場して以来、北朝鮮が米国、中国、ロシアの紛争の契機になる恐れが高まっている。

中国とロシアは北朝鮮を必要な緩衝国と考えている、そして彼らは彼ら自身の国家安全のために安定させる必要がある。

報道によると、ロシア空軍の一部である8つの地対空ミサイルの軍用機が動き出した。

ウラジオストックの方へS400反航空機ミサイルは移動された。

ウラジオストックには、ウラジミール・プーチン大統領が、は主要な海軍基地ををすでに配備してある。


新しい大陸間弾道ミサイルと潜水艦発射弾道ミサイルを見せた軍事パレードの開催後、北朝鮮は、米国に挑発行為をしないよう警告した。

独裁的体制からの当局者は、同国が必要に応じて「核攻撃で反撃する」と述べた。

現在の金正恩最高指導者がすぐに新たな核実験を命令するとの見方が強まっている。

米航空母艦隊がこの地域の方へ進み続けた後に生じている。

ドナルド・トランプ大統領はすでに、朝鮮半島から脅威を取り除くことを約束している。

中国は米国と北朝鮮に戦時体制から撤退するよう訴えている。

金曜日、中国外交部の王毅外務部長は、「紛争はいつでも勃発する」と警告した。

彼は次のように述べた。

「我々は、すべての当事者に対し、互いに挑発し、脅迫することを控え、不可逆的かつ管理不能な段階に入ることを避けるよう求めている。」

中国政府が所有しているエアチャイナは、戦争への高まりの恐れがある中、北京と平壌間のサービスを終了することを決めた。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。