金正恩が第三次世界大戦を開始した場合、日本は北朝鮮の難民危機に備える。

金正恩とドナルド・トランプの間の緊張が全面的な第三次世界大戦に波及した場合に備え、日本は南北朝鮮からの急増する難民流入に気を引き締めている。


By ROSS LOGAN Apr 17, 2017  UKexpress


安倍晋三首相は、北朝鮮が核ミサイル計画を放棄することを拒否し、米国が対応すれば、人道危機の際に緊急時対応計画を策定していると述べた。


安倍首相はまた、北朝鮮に対し、さらなる軍事行動に米国を誘発させることを控え、国連決議を遵守するよう促した。


日曜日、北朝鮮は弾道ミサイルを発射したが、ほとんどすぐに爆発したと米国太平洋司令部は述べた。


今日、米国のマイク・ペンス副大統領は、南北朝鮮の間の非武装化された国境を訪れ、北朝鮮に対する「戦略的忍耐」の米国の時代が終わったことを繰り返した。


しかしながら、金正恩最高指導者は、米国との全面戦争に向かいつつもかかわらず、退去を拒否している。

北朝鮮の指導者は来週までに核実験を実行することを約束している。


戦争が勃発した場合、日本は大量の亡命者の流入を予想している。


安倍首相は、国会で、難民の殺到や韓国からの日本人の避難など、潜在的な危機に対する日本の対応を検討していると話した。

「我々は、日本への避難した場合の対応、避難者の保護、着陸の過程、住居施設とその管理、そして国が保護すべきかどうかの審査など、一連の対応を想定している。」

と述べた。


日本の国家安全保障理事会によると、韓国には約6万人の日本人が住んでいる。

首相は、今月末、ロシアのプーチン大統領と北朝鮮問題を首脳会談で協議すると述べた。


*,海外ニュース翻訳情報局より
この記事の安倍首相の言葉は、記事を訳したものであり、実際の言葉とは同じではありません。 日本について海外でこういう風に報道されているという点にご注目ください。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。