ロシアの爆撃機はアラスカの近くを飛び米空軍がジェット機をスクランブルにかけた

月曜日の夜、ロシアの核弾頭搭載可能な爆撃機が、アラスカの近くで飛行したと、2人の米国の政府関係者がフォックス・ニュースに語った。


By Lucas Tomlinson, Jennifer Griffin April 18, 2017


月曜日の夜、ロシアの核弾頭搭載可能な爆撃機が、アラスカの近くで飛行したと、2人の米国の政府関係者がフォックス・ニュースに語った。

コディアック島から100マイル近く近づいてきたと語った 。

トランプ大統領が就任してから初めて、モスクワの爆撃機が米国の近くを飛んだ。


2機のロシアTu-95「ベア」爆撃機は、米国防空識別地帯の中のエルメンドルフ空軍基地の約280マイル南西を飛行した。

ロシアの爆撃機を迎撃するため、米空軍は、2機のF-22ステルス戦闘機とE-3空中早期警戒飛行機にスクランブルをかけた。

アメリカのジェット機は、ロシアの爆撃機と12分間並行飛行した後、ロシアの爆撃機がコースを逆転し、ロシア東部の基地に向かった。


先週のモスクワでのレックスティラーソン国務長官は、ロシア外交通商部のセルゲイ・ラブロフ次官補次官補との会談で、米露関係は「最悪の事態」であったと述べた。


ティラーソン氏がモスクワにいる間、3機のロシアの爆撃機が日本の東海岸の近くに飛び、迎撃するため、日本軍は様々な時間に14機の戦闘機でスクランブルをかけなければならなかった。

ロシアの偵察機も日本の西海岸周辺を飛んでいった。


ロシアの爆撃機が米国の近くを最後に飛行したのは、2015年7月4日で、ロシアの爆撃機がアラスカとカリフォルニアの海岸を飛び、カリフォルニア州メンドシノに40マイルほど近づいたことがある。

爆撃機がカリフォルニア沿岸を飛行している間、ウラジミールプーチン大統領は、バラク・オバマ大統領に、「幸せな独立記念日を祈ります」と声明を出していた。

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。