マリーヌ・ルペン:フランスで大規模な不正投票詐欺を暴露!

海外に拠点を置くフランス人約50万人が、フランスのエスタブリッシュメントによって2度投票する機会を与えられている。マリーン・ルペン氏は、グローバリストは、死に物狂いで彼女を排除しようとする一例だと暴露した。


By Baxter Dmitry April 16, 2017


海外に拠点を置くフランス人約50万人が、フランスのエスタブリッシュメントによって2度投票する機会を与えられている。

マリーン・ルペン氏は、グローバリストは、死に物狂いで彼女を排除しようとする一例だと暴露した。


ルペン氏がフランス大統領選についての世論調査で主導権を握った数日後、圧倒的に左翼主義者であることが知られている海外のフランス国民全員が、郵便で投票用紙を二重に受け取り、4月23日に開催される選挙の第1ラウンドで2票を投じることができる。


フランスの当局者は、「コンピュータの重大ミス」をさらに疑わしいものにするとし、選挙後まで大規模な不正投票詐欺を調査しないことを発表した。


これはルペンの反政府キャンペーンを狂わせる可能性がある。国外に住むほとんどのフランス国民は、EUとその不正した機関に依存してライフスタイルをサポートする左翼主義者である。

「国民が、話しているメッセージ明確です。新世界秩序は終わらせる。」

とマリーヌ・ルペン氏は言った。


不正投票


急増しているポピュリストのルペン氏への支持は、明らかにエスタブリッシュメントを慌てさせている。

そして今、彼らはヨーロッパの権力にしがみつくために不正工作の手段を用いている。

ル・ペン氏は新世界秩序を怯えさせている。

そして、それが、プロパガンダが過熱状態であり、彼らの目の前に本当は何が起こっているのか大衆を盲目にしようとして、主流メディアが怖い話を氾濫させている理由である。

彼らは、彼らのレパートリーに反民主主義のすべてのトリックを使用し、罠や詐欺によって彼女を政権から外ずし、彼ら自身を守ることに決めた。


不正選挙


しかし、マリーヌ・ルペン氏は、彼らは勝ち目のない闘いをしている考えている。

世界の人々は目を覚まし続けており、彼らは新世界秩序を拒絶している。


最近のBBCのインタビューでは、マリーヌ・ルペン氏は典型的な敵対的な主流メディアの司会者を圧倒させ、グローバリズムを拒否しフランスの主権を取り戻すという彼女のビジョンを主張した。


「私が大統領に選出されたら、私はEUに行き、4つの主権を取り戻したいと宣言します。立法主権:私たちの法律はEU指令より重要です。領土主権:誰が来て私たちの国に留まるかを私達が決め、国境が必要です。第3に、経済と銀行の主権:もし私が望むなら、私は経済上の愛国心を促進する権利を持っています。そして、もちろん、貨幣主権。」


ルペンの大統領は、フランスのエスタブリッシュ以上であり、欧州連合(EU)を危険にさらすことができるようだ。

ルペン氏に対する汚いトリックキャンペーンは、嘘をつく腐敗した主流メディア、そして今や不正投票を特徴としているらしい。

有権者は、勇気​​を出して、事実を注視し、主流のメディアのプロパガンダに揺さぶられてはならない。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。