マリーヌ・ルペン、アサンジとスノーデンに市民権を与えることを誓う

フランスの大統領候補マリーヌ・ルペン氏は、大統領選挙で勝利した時、フランスがエドワード・スノーデン氏とウイキリークスのジュリアン・アッサンジ氏に市民権の形で保護を与えると誓った。


 By Baxter Dmitry April 21, 2017


フランスの大統領候補マリーヌ・ルペン氏は、大統領選挙で勝利した時、フランスがエドワード・スノーデン氏とウイキリークスのジュリアン・アッサンジ氏に市民権の形で保護を与えると誓った。


米国司法省が「ジュリアン・アサンジを逮捕するための告訴を準備中」というニュースの後、言論の自由の英雄でありジャーナリストの暗い時代の標識灯であるジュリアン・アサンジ氏を保護するという勇敢な動きほどタイムリーなものはなかった。


木曜日、司法長官ジェフ・セッションズ言ったウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジの逮捕は今や米国の「優先事項」だと述べた。


先週、CIA長官マイク・ポンペオ氏は、アサンジという人物を

「ウイキリークス編集者は、クリックベイトの提供者で、ただ”彼自身の名声を擁護する”ことに興味があるだけだ。」

と公に批判し始めた。

*クリックベイトとは...
ウェブページの閲覧者にクリックしてみる気にさせるリンク(バナー広告など)


「アサンジは、価値のあるものは何も生みださないただのナルシシストです。彼は自分を有名にするために他人の汚い仕事を利用している。彼は詐欺であり、スクリーンの後ろに隠れている臆病者です。」

と付け加えた。


間違えないでください。

CIAと米国司法省はアサンジ氏と戦っていて、彼は彼が得られるすべての援助を必要としている。

幸いにも、彼の側にルペン氏がいる。

ルペン氏は、フランス大統領選の候補者であり、新世界秩序を破壊し、フランスをEUから引き揚げようと誓っており、グローバルリストの脅威に直面して後退しない。


アサンジ氏とスノーデン氏が彼女の国で市民権を与えられれば、彼らは保護されるだろう。


エリート達はルペン氏を恐れているので、そうすべきだ。

ヨーロッパの歴史上大統領候補が、そのような毒を脅かすことは今まで決してなかった。


ルペン氏は、「猛烈な反撃の波が来る」と彼らに警告した。

「ブリュッセルで不可解な決定をし、この狂気に反対している市民を黙らせるマスメディアのプロパガンダの背後に隠れているエリートたちは、決して安全ではありません。

今まで見たことのないような猛烈な反撃の波が彼らに来るでしょう。」

と警告した。


フランスは4月23日と5月7日に2回の選挙で新大統領を選ぶための投票を行う。

第1回目の投票の前の数日間は、未決定の有権者の3分の1において大統領選の厳しさを示している。


ルペン氏は、昨年の彼女の公式ブログ「ありがとう!ジュリアン・アサンジ」という投稿で、「アサンジ氏が、まさしくEUに対する私達の忍従に関連した戦略的な弱点の理由に関する明快な分析を再び提供した。」と述べた。


フランソワ・オランド氏がアサンジ氏の亡命を受け入れることを拒否した理由を完全にはっきりと示していたにもかかわらず、ルペン氏は、

「私は、フランスが彼の亡命の申し出を引き受けることを再度望んでいます。」

と書いている。


5月7日の第2ラウンドの選挙の後、ルペン氏は、グローバルリストの大統領に何かを求める必要はないかもしれない。

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。