プーチン大統領:ロシア、グローバル・バンキング制度を脱退

ロシア、グローバルな銀行システムを脱退:金のために米ドルを投げ捨てる


By Anon.Dos - April 24, 20177


ロシアは世界で最も強力な国の一つである。

しかしながら、その力でゆえ、敵が現れる。

その敵の1人は、ロシアに対してわずかな財政的な影響力がある。

そして、その力はドルの形で現れる。

東と西の関係は今や膠着状態にある。

西の侵略と告発に対する反応は、ウラジミール・プーチン大統領からのものである。


プーチン大統領は、ロシアの国家を国際的な銀行システムから撤退させ、より伝統的な金ベースのシステムに移行させることを提案している。


ロシアはこれだけではない。


ブラジル、インド、中国、南アフリカなどのBRICS諸国は、財務の独立性を高めるため、国際的な銀行マフィアからの退出を計画している。


しかし、プーチン大統領にとって、この脅威は、ワールドワイド・インターバンク・ファイナンシャル・テレコミュニケーション・システム、あるいはアメリカン・エクスプレスなど、国際的に簡単に送金できるSWIFTシステムの形で行われた。


しかしながら、問題は、「ビッククラブ」を離れたら、、国際的な銀行がロシアからのこのシステムからのロシアからのアクセスを禁止するよう脅していることである。


多くのエコノミストは、もしSWIFTシステムからロシアを除外した場合、直面する結果を世界の指導者に伝えてきた。


欧州中央銀行(ECB)の経済学者、政策担当者であるエワルド・ノトトニー氏は、ロシアをSWIFTシステムから排除すれば、ロシアで事業を行う国際企業がどのようにして苦戦するのかを強調した。


しかし、ロシアのエコノミストで元プーチン大統領とロシア中央銀行総裁のエルヴィラ・ナビウリナ氏によると、ロシアが世界の銀行間金融通信から撤退しても、ロシアの銀行は崩壊しないだろうと述べた。


彼女は、SWIFTフォーマットでの運用を継続する新しいシステムを考案し、その国の代替手段として機能する方法について説明した。


昨年発表された報告書によると、ロシアの300以上の銀行が、SWIFTの代替案を採用している。


さらに、SPFS制度を強化するために、ロシア中央銀行の国際支店が北京に初めて開設され、中国はロシアの金融機関を開設し、両国間の金融関係を強化し、非ドル化現象の開始を強化した。


連邦準備制度およびその他の国際金融機関(非物質的な通貨、先物取引、およびその他のリスクの高い慣行)に関しては、今では大量の物質的な金を購入している。


SHTFプランのために執筆したマック・スラボによると、ソロスが運営するNGOはロスチャイルドの施設とともに疑問視され追い出された。


「世界のほぼすべての国の中央銀行を、操縦し統制している同じ少数の手によって、究極的に支配されている米国の石油相場の支配または死のために、全面戦争だけがこれらのパワープレーを解決するだろう。」

「内密で単調さによってのみ、これらの活動は影となって残った」

とスラヴォは述べた。


Source: The Free Thought Project, China Daily, RT.

元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。