米国連邦当局は、ニューヨークで核攻撃の準備をする

米国連邦当局はニュージャージー州北部のメットライフスタディアムで核攻撃で爆撃されたことを想定し訓練を行っている。


By  FOX5 Apr.26、2017


国土安全保障とFEMAはゴッサム・シールド作戦を実施している。

この目的は、ニューヨーク市地域での核攻撃の可能性に際し、被害者を想定し、治療し、避難させる方法を実践することである。


この訓練では、リンカーントンネルのニュージャージー側で10,000トンの即興型核兵器が爆発するというシナリオをシュミレーションしている。


モリス郡緊急事態管理局は、  ニュージャージー州ラザフォードのメットライフ・スタジアムにおいて、緊急医療サービス(EMS)であるゴッサム・シールド作戦に参加した。


複数日の間、ニュージャージー、メットライフ・スタジアムでの核攻撃に対する米連邦当局は、一次応答センターとして役目を果たす。


スタジアムはマンハッタン外から約15分離れたイーストラザフォードにある。


ニュージャージー州とニューヨーク州の緊急事態管理機関も参加している。

この訓練は、北東回廊に沿って行われるいくつかの訓練の中の一部である。

その他の訓練はワシントンDCとアルバニーで行われている。


連邦当局は、この訓練は、北朝鮮からの脅威を含む現在の出来事に対応していないと述べている。

また、 この訓練は、ミネソタ州で行われたノーザン・ライツと呼ばれる10月の訓練に続いて行われている。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。