ジョージ・ソロス、マケドニア議会でクーデターを試みた

ジョージ・ソロスの組織が木曜日にマケドニアの議会を襲撃し、クーデターの試みの一環として政治家を激しく攻撃した。


By Sean Adl-Tabatabai April 28, 2017


ジョージ・ソロスの組織が木曜日にマケドニアの議会を襲撃し、クーデターの試みの一環として政治家を激しく攻撃した。


「コモン・マケドニア(統一マケドニア)のため」運動のサポーター達は、議会大多数の議員を攻撃し、プレスセンターでジャーナリストを拘束した。


Zerohedge.comレポート:


「デモ参加者が社会民主党の後に続いて建物の中に押し入り、アルバニア系民族を代表する団体が、グレブスキーの党が認めてない投票で議員を選出した。」

とMIAは述べている。


ブルームバーグの報道にあるように、旧ユーゴスラビア国民200万人は、ニコラ・グレブスキー元首相が5カ月前に結論に至らなかった連立政権に敗れた後、政治的こう着状態から脱出する方法を見つけようと苦戦している。


グレブスキ―氏の支持者であるジョージ・イヴァノフ大統領は、野党の社会民主党に権限を与えることを拒否している。

彼らは、アルバニア系民族を代表する多数の団体を背後に持つ政府を構成できると言っているからだ。


今日の行動は、ヨハネス・ハーンEU委員長に非難された。

彼は、「暴力は議会には存在しない。」と彼のツイッターに投稿した。


「これはクーデターだ」とVMRO-DPMNE党のニコラ・グレブスキ前首相が叫んだ、

とplusinfo.mkが報道した。

「クーデター」は、マケドニア系の野党指導者の政治的こう着状態の終焉の呼びかけに従っている。

3週間議員を選ぶことができない議会に、政治的こう着状態が残っているためだ。


AP通信が報じたように、ゾラン・ザヴェ氏は、新しい議員が通常の手順外で選出される可能性があると示唆した。クーデターの試みとして保守党によって即座に拒絶された。


マケドニアは、ニコラ・グロフスキー前首相の保守党が選挙で勝利したが、政府を構成するための十分な票がなかったため、12月以来、政府がなかった。


連立協議では、アルバニア語を公式第二言語として認めるというアルバニア系民族の要求についてとん挫した。マケドニア人口の4分の1はアルバニア系民族である。


ザヴェ氏はもう一つ別のアルバニア系民族の団体の協力を得て、議席120議席中69議席を確保した。

しかし、ジョージ・イワノフ大統領は、政府を作るために彼に委任統治を手渡すことを拒んだ。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。