メディア沈黙:民主党議員30名が告発されてた

2015年に、30人の民主党議員が、公然と民主党の大統領候補者を支援していた間、オバマ大統領のイランへの核取引を売り込むため、ロシア大使に会っていた。


By KERRY PICKET March 2,2017


ワシントン発:

20日、共和党のジョージア州デービッド・パーデュー議員が、

「2015年に、30人の民主党議員が、公然と民主党の大統領候補者を支援していた間、オバマ大統領のイランへの核取引を売り込むため、ロシア大使に会っていた。」

と指摘した。


大統領選挙の際にロシア大使館との通信について議会に嘘をついたという告発から、現在の司法長官ジェフ・セッションズ(元上院議員)を弁護する目的で、この元上院議員を中傷している彼の同僚を追求した。


彼は次のように述べている。

「私たちは、文字通り、この組織のメンバーが、以前の同僚と同じ機会を持っていることを誹謗中傷していたという核心に到達しました。」と、彼は指摘した。


パーデュー氏は、発言を続けた。

「今朝、ミズーリ州の先任上院議員クレア・マカスキル氏は、絶対にロシア大使と会ったことも、電話を受けたことがないとツイッターに投稿していた。しかし、彼女自身のツイッター・アカウントは、過去4年間で少なくとも2回はあったと証明しました。」


セッションズ氏は、パーデュー氏と民主ミズーリ州上院議員と一緒に上院軍事委員会に務めていた。

クレア・マッカスキル上院議員は、ロシア大使との接点に関し、矛盾した発言をしたことに彼女自身気が付いた。


「実をいうと、この組織の30人のメンバーは、2015年にロシア大使と他の国の大使と会い、オバマ大統領とイランとの取引に売り込みを行った。ミズーリ州の先任上院議員を含む多くの人々が、大統領選挙の候補者(ヒラリー)の公然たる支持者達だった」

と述べた。


ハフィントン・ポストは、2015年8月上旬に次の ように報道した。

上院民主党のスタッフが、イランの核取引において、3人の未定民主党員を招待し、党員集会のメンバーと一緒に、国会議事堂で、ロシア、イギリス、フランス、中国、ドイツの各大使たちと会談した。
上院少数党のディック・ダービン氏は、民主党の仲間のために大使に会ったことを含むイラン核兵器取引の会見を企画した。
プレゼンテーションには、共和党のイランとの取引の妨害に打ち勝ち、妥協させ、3人の未定者の説得するのに十分説得力があった。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。