ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサー氏、トランプ大統領の支持率の低さの原因を指摘

日曜日、ホワイトハウスの報道官ショーン・スパイサー氏は、Fox Newsの「メディアバズ」のハワード・カーツ氏のインタビューで、ドナルド・トランプ大統領の支持率が低いという最近の調査結果について推測した。


By Brietbart  Apr.30,2017


日曜日、ホワイトハウスの報道官ショーン・スパイサー氏は、Fox Newsの「メディアバズ」のハワード・カーツ氏のインタビューで、ドナルド・トランプ大統領の支持率が低いという最近の調査結果について推測した。


スパイサーは世論調査結果を問題にしていなかった。


そして、トランプが大統領選挙に勝つと予測することができなかったものと同じものであると述べた。


「場合によっては、これらは、そもそも勝利を過小評価した世論調査と同じ人口構成です。」

とスパイサー氏はカーツ氏に語った。


「彼が306人の選挙人投票を得た国の構成を理解できなかった時と同じ世論調査をみていると思います。

そして、あなた方は、同じ方法論を使って判断しています。世論調査が世間の人たちの良い評価を偽って伝えている多くのケースを認識しますよ。」


====================

インタビューから:抜粋


ハワード・カーツ氏は、ドナルド・トランプ大統領の最初の100日間の熱狂をめぐるメディアの議論として、ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサーと会談した。

トランプ政権に否定的な主流のメディアについて話し合った。

トランプ氏が任命後に重要なことを何も成し遂げていないとの主張に反して、スパイサー氏は、トランプ氏が28件の法案、署名された複数の執行命令、最高裁判事ニール・ゴーサッチ氏のの任命を指摘した。


「ある時点で、人々は絶えず疑うのではなく、彼が達成したことについては大統領を賞賛する必要があります。」とスパイサー氏は述べた。


カーツ氏は、トランプ大統領は、批判や否定的な話に頻繁に対応すると指摘した。

フェイクニュース、フェイクメディアでの100日間おいての現代の大統領の支持率が最も低いとした複数の世論調査などだ。


スパイサー氏は、大統領は、彼が何をして彼が成し遂げたものであっても、主流のメディアが彼の政権についてどのように報道しているかについて、常に否定的な "警告"があることに失望していると述べた。

「彼らは事実を仮定し、彼らは物語を取り、それを続ける - それは明らかに真実ではない」

「多くの時間、報道は公正ではありません。」

とスパイサー氏は述べた。


カーツ氏はスパイサー氏に、大多数のジャーナリストや政治家が大統領に不公平であると信じているかどうか尋ねた。


スパイサー氏は次のように答えた。

「物事をセンセーショナルにしたり、公平でない、あるいは事実に合致しない物語を駆り立てようとするものがいくつかあります」


「彼らは石を投げる最初の人達で、誤りを認める最後の人たちです。」


=======================




元記事↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。