トランプ大統領は、不法入国者が生活保護を使用できないように行政命令に署名した

政府は、「生活保護となる可能性のあるどのような外国人でも入国を拒否する」としている。


By Conervative fighter   May  2,2017


リベラルは、彼が就任した最初の瞬間から大統領に彼らの視線を向けている。

彼が行ったすべてのステップには批判が続けられていた。

リベラルは、移民を使ってドナルド・トランプ大統領を激しく非難した。

しかし、何ごとも計画どおりに進まない。


大統領が署名した最新の行政命令は多くのことを明らかにした。

リベラルは、それについてどれも好まないと断言できる。


最新の命令は、生活保護を適切な場所に置くことになり、不法入国者がこれまでにしたことすべてにただでは済まさせれない。


バラク・オバマ前大統領は、アメリカの不法移民に生活保護の適用を認めた。


トランプ大統領はこれを承認しない。


あなた方は、生活保護は特権であることに同意するだろう。

この国に来るすべての人に権利があると信じるのは悪いことである。

不法移民はそれほど幸運ではない。

彼らは間もなく、ドナルド・トランプによって統治された国がどういうものか学ぶだろう。

生活保護手当送金小切手を受けようとする全ての不法入国者は、正義に悩まされるだろう。


トランプ大統領は、行政命令に署名をした。

これに従えば、生活保護で生活しているどんな不法移民にも家に送られるだろう。

それだけではない。

米国は、私たちの税金で暮らすためにここに来る人をもはや受け入れない。

このような人々は、もはやこの国に入国することができなくなる。


政府は、「生活保護となる可能性のあるどのような外国人でも入国を拒否する」としている。

さらに、5年後に不法移民が一定額の公的援助(フードスタンプ、貧困家庭のための一時的援助(TANF)、メディケイドを含む)を受けた場合に移民を追放することができるかどうかを判断する基準をつくろうとしている。


そろそろアメリカ人が自分たちの手で、この問題を受け止めるころだ。

トランプ大統領は、その達成することで私たちを助ける。

私たちはついににその日の光を見ている。

美しい未来は私たちの大統領にある。

大統領はすでに沼を排水している。

私たちは悪いものを取り除いている。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。