オバマの400000ドルのスピーチは、議会に彼の年金を追求することができる。

昨年、バラク・オバマ大統領は、40万ドル以上の収入を得た場合、年金を制限する法案を拒否した。年金制限の法案の起草者は、トランプ大統領が署名することを望みを託して、その法案を再提出すると述べた。


By Gregory Korte , USA TODAY  May 3,2017


ワシントン -


昨年、バラク・オバマ大統領は、40万ドル以上の収入を得た場合、年金を制限する法案を拒否した。


それで、バラク・オバマ前大統領が、まもなく行われるウォールストリートの演説で40万ドルを受け取ることになった今、年金制限の法案の起草者は、トランプ大統領が署名することを望みを託して、その法案を再提出すると述べた。


この問題に関するオバマの偽善は明らかです。」

と2016年この法案の起草者であり、下院監視・政府改革委員会の議長であり、ジェイソン・チャフェツ議長(ユタ州)下院Jason Chaffetzは述べた。


「彼の拒否権は、非常に自分勝手でした。」


この請求の出資者であるチャフェツ氏とジョニ・アーネスト上院議員(共和党アイオワ州)は、今月、大統領手当改正法を再提出すると述べた。


この法案は、大統領年金に20万ドル、経費として20万ドルを上限とする。

しかし、一度その外部収入が40万ドルを超えるた場合、それらの拠出金は、削減されるべきであるとした。


問題は党派的な問題ではない - 少なくとも去年ではなかった。

その法案は野党と上院の両者を通過し、ホワイトハウスから拒否の恐れはなかった。


しかし、オバマ大統領が発動した12個の拒否権の内11番目の拒否権を発動した。


オバマの拒否権が昨年7月の金曜日の1夜になったときだった。- 彼が法案に署名したり拒否する最後の日だった。議員たちは驚いた。


当時、オバマ大統領は、法案が直ちに職員を解雇し、新しいオフィスを見つけることをよって、前大統領に「不合理な負担を課し」、「意図しない結果をもたらし」、「不合理な負担を課す」と主張した。


上下院で3分の2の大多数を必要とするため、共和党のリーダーたちは、拒否権無効化について法案を提出しなかった。


民主党は、必ずしも変更に反対しないと述べている。


エリア・カミングス上院議員(チャルフェッツ氏の委員会に所属する民主党トップ)は、この原案の共同起草者であった。


「カミングス氏はこの考えを確かに支持している。そして、もし昨年の議会に起きた法案の技術的問題を解決することができれば、彼はそれを強く支持するだろうと我々は期待している。」

と広報担当者のジェニファー・ホフマン・ヴェルナー氏は述べた。


トランプ氏は法案制定の立場を取っていない。


しかし、選挙期間中に、彼は選出議員、特に議会のメンバーの年金を精査すると述べた。

「私が、最初にやろうとしていることは、もし、大統領に選出されたら、給与を受けとるつもりはないということだ。いいかい?」

と、彼は2015年に市役所で言った。

「彼らは、他の誰も考えもしない恩恵を受ける。そして、彼らは、それについて話すのは好きではない。しかし、我々は、そのことに取り組みます。」

とも述べている。


前大統領法の下で、国のの5人の生存中の元大統領

- ジミー・カーター、ジョージ・H・W.ブッシュ大統領、ビル・クリントン大統領、ジョージ・W・ブッシュ大統領、オバマ大統領。


彼らは、現政権の長官と同じ給料と同額の年金をもらっている。

2017年は20万7800ドル。


さらに、彼らには、スタッフのために15万ドル支払われ、「適切な設備と家具が供えられた設備を備えた適当なオフィス」も得えられる。


2015年には、全部の福利厚生が、カーター氏の43万ドルからジョージWブッシュの110万ドルに及んだ。


オバマ大統領が1月20日にクラブに入会したことを受けて、水曜日下院が承認した2017年の歳出法案は、9月30日までの前大統領全員のために390万ドル近くふくまれた。年間58万8千ドル増加である。


オバマ大統領のスポークスマン、ケヴィン・ルイス氏は、前大統領はこの法案についてコメントをしていないと述べた。


オバマ氏はすでに、大統領職のキャリアで資金を調達する可能性がかなり高いことを示している。


彼と彼の妻ミシェルは、2冊の別々の出版契約に署名し、そして、フィナンシャルタイムズ紙が少なくとも6,500万ドルは下らないと報道した。


そして、ウォールストリート・スピーチ -

これは、9月に投資会社カントール・フィッツジェラルドによって計画された健康管理会議 は、別に40万ドルを手に入れたと伝えられる。


「オバマ大統領は時々演説を行う」

とホワイトハウス元スポークスマンでオバマに助言を続けているエリック・シュルツ氏は述べた。また、

「それらのスピーチのいくつかは、支払われているが、いくつかは未払いです。そして、会場やスポンサーに関係なく、オバマ大統領は、彼の価値観、彼のビジョン、彼の記録に忠実ななるだろう。」

と述べた。


オバマ大統領は、シカゴの大統領センターを通じ、一連の問題に取り組むために大統領職を使う計画もあると述べた。

水曜日、彼はそのセンターのデザインを発表し、シカゴの若者向けの夏期雇用プログラムに200万ドルを寄付すると述べた。


ジョージH.Wブッシュ大統領のスポークスマンジム・マクグラス氏は、

「彼は、法律の変更に反対せず、議会はおそらく何らかの行動をとるだろう。」

と述べた。


「93歳の彼は、動きに変更があれば、他の元大統領に大きな影響を与えるだろうと認識している。」

と語った。


「大統領執務室の将来の居住者のために、元大統領が行う公的役割にいくつかの配慮がなされるべきだと考えています。それについてとても肯定的に取り組んでいる話し合いやその他の問題が起こっていると言われています。」

と述べた。


===========
海外ニュース情報局より・・・
他のメディアでは、「オバマは偽善者」という言い方も目立ちました。


=======================


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。