ブリジッドバルドー:ロスチャイルドの銀行家、マカロン氏は冷酷なサイコパスである。

伝説的なフランスの女優、ブリジット・バルドーは、同胞にマリーヌ・ルペンに投票するよう訴えた。そして、対抗する大統領候補エマニュエル・マクロン(元ロスチャイルドの銀行家)を「冷たい鋼の目」もつサイコパスで完全な共感性の欠如であると述べた。


BY Baxter   Dmitry May 5, 2017 Baxter


伝説的なフランスの女優、ブリジット・バルドーは、同胞にマリーヌ・ルペンに投票するよう訴えた。

そして、対抗する大統領候補エマニュエル・マクロン(元ロスチャイルドの銀行家)を「冷たい鋼の目」もつサイコパスで完全な共感性の欠如であると述べた。


フランスの有力な動物権活動家、バルドー氏は、彼女のフォロアーに対して、マカロン氏への投票をどんなことがあっても投じてはならないと次のようにツイッターに投稿した。


「フランスの状況に似ている動物と人間にとっての状況は、彼のリーダーシップの下で悪化するでしょう。

 彼が動物の苦しみに与える軽蔑は、彼の冷たい鋼の目に反映された完全な共感性の欠如を見ることができます。

スキャンダルが増加している一方、この候補者を支配しているらしい団体を敵に戦っている動物の権利団体に対して、動物のブリーダーやハンターの味方をします。」


ブリットバードから


1950年代と1960年代の最も有名なセックスシンボルの1つであるブリジット・バルドーは、今年の初めに大衆候補のマリーヌ・ル・ペン氏の支持者として登場した。

文化的な問題に触れたフィガロ紙と広範囲のインタビューでバルドー氏は、彼女が現代文化をどう思うか尋ねた。

「私達 は、すべてが低俗で、普通、平凡な時代に生きている」とバルドー氏は語った。

「フランスには、もはや威厳をもった輝きはありません。」



パトリオットから:


彼女が、ルペン氏の反大規模移民党の国民戦線に近いかと尋ねられたとき、ブリジットバルドー氏は、次のように答えた。


「 私は非常に愛国的です。私は、フランスのために戦い、祖国に対する愛情を私にしみ込ませた父と祖父によって育ちました。

私は、フランスが今日誇りに思うものはないです。...私は、『ファッショ』でも『ファシスト』ありませんし、マリーヌ・ルペンと同じです。」

「マリーヌ・ルペンは、フランスを手元にとる意志を持っています。国境を回復し、フランス人に優先権を与えます。」



フリー・スピーチアクチビストから:


女の解放の象徴として認められているバルドー氏は、フィガロ紙に、イスラム教徒の顔のベールに反対したと語った。


「共産主義はひどく重要にされすぎた。それは30年間のだらしなさの頂点です。」


彼女はまた、イスラム教徒のハラール虐殺を声を大にして反対する人物である。

ハラール虐殺は、しばしばそれを気絶させることなく動物を屠殺し、死の前に痛みと苦痛を引き起こす。


[ルペンはスノーデンとアサンジに市民権を与えることを誓う]


言論の自由活動家とみなされた82歳の女優は、1997年から2008年の間にフランスでの大量イスラム移民を批判するコメントを含む「人種差別を扇動する」ために5回の裁判にかけられた。

これらの出来事の1つに、彼女は

「私達の教会の鐘が司祭の不足のために沈黙する間、モスク増殖のためフランスのアイデンティティと伝統が喪失したと非難した」ため有罪判決を受けた。


ブリジットバルドーのツイッター↓↓↓


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。