ナンシー・ペロシは、中国をタィナ(Tina)と呼んで、だれも北京についてのジョークは誰も笑えない。

ナンシー・ペロシの奇妙な行動は現在、国際的な視聴者に届いている。

米下院のダラムサラでダライ・ラマを訪問する議会代表団を先導する中、下院少数党(民主党)リーダーは、どもって、言葉を繰り返し、中国を「タィナ」と呼んだ。


By BY KYLE OLSON MAY 10, 2017、 By Hannity.com Staff MAY  13,2017


ナンシー・ペロシの奇妙な行動は現在、国際的な視聴者に届いている。

米下院のダラムサラでダライ・ラマを訪問する議会代表団を先導する中、下院少数党(民主党)リーダーは、どもって、言葉を繰り返し、中国を「タィナ」と呼んだ。アメリカ人だけの笑い声を集めた冗談を言った。


ペロシ氏は短いスピーチを始め、

「個人的に、私は、タシ・デリック、タシ・デリック、タシ・デリック、タシ・デリク...」

と繰りかえした。


「そして、ニュー・デリーで、中で、中で、私は、みんなが中でアメリカ大使館から我々の代理公使メアリー・ケイ・カールソンとここにいてどれくらい誇りに思うか言いたいです」

と、ペロシはどもりながら言った。


彼女の冗談の試みはウケなかった。


「私は、ダライ・ラマの80歳の誕生日についてのこの美しい歌が彼が113歳まで生きるようにという願いであることを理解しています。私たちは皆、その意見に賛同しており、北京の政府にとって良いニュースだと確信している」


アメ​​リカの代表団が笑っている唯一の人達だと思われたため、ダライ・ラマは、じっと立っていた。


彼女の冗談は、そこで止まらなかった。


「私たちがチベットにいたとき、彼らは私たちに、

”私たちは信仰を支持します。私たちは寺院の屋根を金色にしました。私たちは金色を帯びた...私たちは寺院の屋根を塗った。私たちは屋根を金色にした。”

と言いました。それで、私たちは彼らに言い返しました。

”私たちは屋根の塗装には興味はありません。子どもたちの心を守っていることに興味があります。チベットの教育、文化、宗教の自由に興味があります。寺院の屋根を塗ることではない”。」


そして、彼女のスピーチの最後に中国をタイナ(Tina)と呼んだ。


ペロシの奇妙なスピーチをご覧ください。


元記事↓↓↓


参照 Sean Hannty show


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。