モニカ・ルインスキーの息子の死は「不審な状況」だった

モニカ・ルインスキーの息子であるデイビットの遺体は、セントラルパークで発見された。行方不明になった数時間後のことだった。


By Stryker May 16,2017


モニカ・ルインスキーの息子であるデイビットの遺体は、セントラルパークで発見された。行方不明になった数時間後のことだった。


28歳のデイビッドは、姉のチェルシーとカジュアルな朝食をちょうどした後、3番街近くの路地に車を乗り入れているのを見られたのが最後だった。


現場の警察は、デイビットは、蜂に刺され喉がつまり窒息に至ったと述べた。

彼が2本のエピペンを持っていたことがわかったが、両方とも空だった。


デイビッドの病歴は、彼が高度の蜂の蜂アレルギーだったことを明らかにしている。

それでは、なぜ彼はエピペンを持たずセントラルパークを通り抜けたのだろうか?

3番街の地下の路地に彼は何をしていたのだろうか?


デイビッドの母モニカ・ルウィンスキー氏のコメントは得られていないが、報告が出初めた時、病院で泣いていた姿が見られた。


クリントン家のコメントは得られなかった。

彼らのスポークスマンによると

「彼らは、決してそうなりません。この人達は詐欺師です。」

と言った。


これは、世紀の詐欺ですね。

モニカ・ウインスキーは、スリック・ウィリー(ビル・クリントンのあだ名)に接触して精巧なただ詐欺を働くために、28歳の彼を殺すためだけに子供を持った。


元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。