ブリジット・マクロン:アルコール中毒・美容整形・バイセクシャル(抄訳まとめ)


ブリジット・マクロンは、自分の秘密を気にしていない。

彼女は、恐らく今の権力のトップにいるので何を言われても恐れていない。


「時には、夜にわたしはポルノ映画を10本見ます。」


64歳のフランスの次のファーストレデイは、今の生活の全てを話した。

パリに住んで華やかな生活に見える。


「ここでは私は何もしない。私は100%瞑想的な生活をしています。」

でも、夜になると目をとじることができない。彼女は、不眠症を隠さず、

時には、10本のポルノ映画を見る。


彼女の寂しさを紛らわすのは、スイスに住んでいる親友と毎晩9時に電話すること。

25歳年下の男性と結婚した彼女は、女性も好きだということを隠さない。

彼女のバイセクシュアルは誰にも秘密ではない。


ブリジット・マクロンは、彼女の唇のやり直しを後悔している。

「シリコンを使った時点で、いくつかの医師に会いにいったがやってない」

「自分が存在していることを示す必要があった。」


うつ病やアルコールに陥る前に誰かと恋に狂ったように落ちた恋に落ちた時もあった。

ブリジット・マカロンは、LSDには手を出さなかったが、アルコールには抵抗できなかった。目を覚ますと、ビールやアルコール飲料を飲み、厳しい戦いをした。

それを克服するまでに10年かかった。



参考記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。