トレイ・ガウディ氏の息子の殺人事件の犯人と他の殺人事件との関連を捜査中

  May 20,2017


幼いトレランス・ボーン・マーチン・ガウディちゃんを拉致し、殺害した男を逮捕すると、法執行機関や反テロ部隊にとって大きな打撃となるかもしれない。


ララハファ・アル・ジャラハハとサンジャイ・ジェムトラパは逮捕され、拘留が切れる前に指紋採取された後、クワンティコ基地で尋問のために拘束された。


彼らの身元確認の物理的証拠は、現在、トレイ・ボーンを返すための身代金の要求がなかったことから、これが典型的な誘拐ではないことを捜査官に知らせている。


幼いトレイを連れて行った男たちは、どんな人からの依頼でも仕事をする犯罪の常習犯である。


もし、法医学専門家が言っていることが真実ならば、先月、ガウディ氏自身の捜査官の2人が殺害された場所にあった指紋とこの容疑者の1人の指紋が一致したことが判明した。


2つの犯罪は、何らかの形で関係性があることを意味する。

ワシントンでガウディを盲目的に嫌う人は、ヒラリー・クリントンただ一人だけだ。

彼女は、以前、子供達を殺害した。

彼女にとって、命は大切なものではない



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。