アリアナ・グランデ爆破事件:数週間前、当局は攻撃を知っていた

報道によると、当局は、ティーンエージャーと少女に人気のある英国・マンチェスターでのアリアナ・グランデのコンサートでイスラム過激派によるテロの計画を事前に知っていた!


By Baxter Dmitry May 23, 2017


報道によると、当局は、ティーンエージャーと少女に人気のある英国・マンチェスターでのアリアナ・グランデのコンサートでイスラム過激派によるテロの計画を事前に知っていた。


英国情報部と警察は、マンチェスターのO2アリーナは、できるだけ多くの人を殺害する計画に気づいていた。

しかし、テロリストを逮捕するのではなく19人の犠牲者を出し、まだ、犠牲者の数は増えるかもしれない。


英国の開かれた国境は、エリートに彼らの汚れた仕事するために必要な有用なテロリストを提供してきた。

英国の情報機関と警察は、私達が警察国家に暮らすまで、より多くの市民の自由を奪い、罪のない人々を厳しく取り締まることを正当化するため、この攻撃が起こることを「許可」した。

恐怖に襲われた国民は、このようなことが起きるのを黙って見ている。


彼らは、自由より安全を選ぶ。

事実、ISIS死のカルト集団は、米国とその西側同盟国によって資金提供され、支援されている。

これはとっぴな陰謀論ではない。

このことは、米国の議会の民主党員と共和党議員によって認められている。


米国とヨーロッパのわずかな金で、ISISが、シリア、イラク、リビアで死と破壊を引き起こすように、彼らはまた、大規模なヨーロッパの都市では混乱を引き起こしている。

これは、ヨーロッパを不安定にし、市民の自由、プライバシー、文化的な生活の権威を取り除くすべては計画の内である。


マンチェスターの攻撃は、2015年11月のパリの攻撃と薄気味悪いほど類似している。


パリとマンチェスターは、両方とも破壊されたドミノである。

我々が知っているように、ヨーロッパを破壊しようとするマスタープランの一環として、新世界秩序によって仕組まれたドミノである。


====================


ISISは、攻撃の直後に犯行声明を出した。

=================


RTが、マンチェスターでのテロ攻撃に備えて非常事態の俳優達の映像を掲載した後、2週間も経たないうちに、イスラム過激派のテロリストは、少女たち残虐な攻撃を放った。

テロリストは自由に国の中を歩き回り、善良な法を守っている市民を恐怖にさせる野蛮な行為をすることが許されている。

警察や情報機関が実際にテロリストを支援する場合もある。

情報筋によると、来週ロンドンで行われるFAカップ最終戦では、イスラム原理主義組織のテロが次第に悪化するとの見通しを示している。

最初は少女たち、次はサッカーファン。

エリート集団が警察国家と新世界秩序の方へ私たちを行進させるにつれて、危機と大災害が今日の流行になるだろう。

テロリストは自由に放たれていることが許されているが、我々は投獄される人になるだろう。




元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。