マンチェスターのコンサートの爆撃は、この地域の最新のテロ歴史である。

マンチェスターは9/11以前からテロリズムの温床だった。月曜日のマンチェスターでのアリアナ・グランデ・コンサートで、少なくとも22人が死亡し、50人以上が負傷した自爆テロが、この地域の最新のテロ歴史である。


By Alison Maass  May 24, 2017


マンチェスターは9/11以前からテロリズムの温床だった。

月曜日のマンチェスターでのアリアナ・グランデ・コンサートで、少なくとも22人が死亡し、50人以上が負傷した自爆テロが、この地域のテロの最新の歴史である。


マンチェスター南部地域は、警察の重点監視対象地域であり、火曜日に警察は強制捜査を行った。


警察によると、23歳の男性が攻撃に関連してチョールトンで逮捕され、近隣周辺のウィアレイ・レンジとファローフィールドも捜査された。


「おわかりのように、ご存じだと思いますが、これは、動きの速い捜査であり、我々は、捜査と可視でのパトロールの両面を配置し、重要な情報源を持っています。昨夜の事件のニュースで目を覚ますと、グレイター・マンチェスター州全域が注目されるでしょう。」

マンチェスター警察のイアン・ホプキンス氏は、火曜日の朝の声明で述べている。


しかし、これは、マンチェスター南部がテロ攻撃に関連した警察の手入れの現場となったのは初めてではなく、ガーディアン紙によれば、数十人のISISの新兵が住んでいた。


「わずか2ヵ月前に、警察は、ハリドマスードが5人を殺害し、50人以上の負傷者がでた3月22日のロンドンでのテロ攻撃に関連して2人を逮捕した。」とメトロは報道した。


マスードは彼の車をウェストミンスター橋の歩行者に突っ込み、非武装警察官を刺して死亡させた後、警察に銃撃された。


「マンチェスターには、改宗者と最近の移民の両方が集まっています。

なにしろ最近の移民ではなく、彼らはいくらかイギリスに住んでいて、近くのベルギーやフランスでの攻撃を含む中東や世界のその他の地域で起こっていることを見て過激派になった人達です。」

と、戦略的国際研究センターのトランスナショナル脅威プロジェクトのディレクター兼上級研究員を務めるトーマス・サンダーソン氏は語った。


2月には、マンチェスター南部からのISIS新兵が、イラクでの自爆攻テロで死亡した。

ガーディアンによると、 ジャマール・アル・ハリスは、ラファエル・ホスティによってシリアで戦うために勧誘された多数の英国人の1人だった。2013年にシリアに出発する前はマンチェスターでグラフィックデザインの学生だったとある。


Jamal al-Harith


====================


そしてそのリストは続く。


2014年、カリフとアブラハム・シャリフ兄弟は、シリアでISISと共に戦うためにマンチェスターを去った。

両方のシャリフ兄弟は殺害されたと考えられている。


同じ年に、「恐怖の双子」サルマとザフラ・ハランがISISに加わりため、この町を去った。

後に、彼らは自分の弟を募集しようとしたと、マンチェスター・イブニング・ニュースは報道した。


2015年に、アビド・ナサールは、2009年にマンチェスターのアーンデール・ショッピングセンターを爆破するためにアルカイダと構想を練ったため有罪判決を受けたとニューヨークタイムスが報道した。

ニューヨークの地下鉄システムへの攻撃を計画していたナサールは、英国で刑を受けることを訴えているにもかかわらず、米国で40年の刑に服している


2000年、警察は、テロリストのアナス・アル・リビーのマンチェスターの家にあるコンピュータの中にアルカイダが書いた訓練マニュアルを見つけた、とデイリー・メールは報じている。


アルカイダ・ハンドブックまたは「マンチェスター・マニュアル」として知られており、どうやって攻撃するか、またどうやって尋問に抵抗するかを新兵に指示している。


マンチェスターのテロ関係に悩まされているにもかかわらず、サンダーソン氏は明るい兆候を見出している。

「英国はこれらの攻撃を最小限に抑えるいい仕事をしていますが、すべての攻撃を防ぐことは極めて困難です。

しかし、良い警察活動、イスラム・コミュニティへの良好な関与、優れた諜報活動、出入国管理に関する良い規制があれば、変わってくるでしょう。」



元記事はこちら↓↓ (動画あり)

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。