CIA前長官は、トランプ氏が捜査を止めようと圧力をかけたという告発を黙らせた

オバマ大統領のジョン・ブレナン前CIA議長は、火曜日の米議会公聴会での証言で、トランプ大統領が諜報機関に対し、ロシアの選挙妨害の捜査を中止するよう圧力をかけていたとのリベラルの告発を黙らせた。


by Hannity.com Staff May 23,2017


米下院情報委員会の民主党有力者アダム・シフ氏は、大統領が誰かにマイケル・フリンに対する調査を「下す」よう圧力をかけたかどうかを単刀直入にブレンナン氏に尋ねた。


「大統領がフリン氏の調査を下すよう情報機関の人達に協力を求めようとしたのではないかという懸念を誰があなたと共有しましたか?」とシフ氏は尋ねた。


元CIA長官は「いいえ」と述べた。


「大統領が諜報機関の職員関係者の支持を得て、共謀問題を巻き込んだ話に反対する大統領の圧力を知っていますか?」と民主党(の意見を)を強く推した。


ブレナン氏は、「私は、そういうことは知らない」と同委員会に語った。


シフ氏の質問は、前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏の捜査を中止するよう、FBI長官などに大統領や他の行政当局が圧力をかけたと非難した最近のニューヨーク・タイムズの記事に続いて起きた。


民主党議員は、ホワイトハウスとクレムリンの間の共謀の疑惑を受けて、引き続き公聴会を開くが、これまでのところ、ただの一つもかけらも証拠を提供することができなかった。


大統領は、ロシアとの大統領選挙の関係を「アメリカの歴史における政治家の最大の魔女の狩り」として論議し続けている。


ブレナンが上記の大統領を弁護するのを見てください。




元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。