イスラエルの伝説のスパイ、シュラミット・コーエン-キシック氏が100歳で亡くなった。

イスラエルの伝説のスパイ、シュラミット・コーエン-キシック氏が100歳で亡くなった。


By BYJTA MAY 23, 2017

14年以上にわたるスパイ罪で、彼女はかろうじて絞首刑から逃れた。

シュカミット”シュラ”コーエンキシック氏は、モサド(イスラエル政府の情報機関)としてレバノンで14年間スパイ活動を行い、100歳で亡くなった。


アルゼンチンのブエノスアイレス生まれで家族でプレイスラエル共和国に引っ越したシオニストの両親に育てられた。


彼女はベイルート出身の裕福なユダヤ系レバノン人ビジネスマン、ヨセフ・キシクと16歳の時に結婚し、夫婦はレバノンに住み着いた。


27歳で彼女はモサドで働き始め、その後10年間、アラブ諸国からイスラエルに迫害されたユダヤ人を連れてきて、アラブ軍事活動に関する情報を集めた。


彼女自身がレバノンの上流社会に受け入れもらうことで集めれらた情報であった。


1952年に、彼女は密輸で逮捕され、出産3週間後に刑務所に連れていかれ、36日間喚起されて過ごした。


あまりに危険なことになる前に、コーエンキシックは、さらに9年間にわたり、スパイ活動を続けた。そして、彼女は3か月間ローマへ引っ越した。


しかし、1963年レバノンへの帰国と同時にに、すぐにスパイ活動の容疑で逮捕された。


裁判の間、刑務所にいる間、彼女は情け容赦なく拷問された。

絞首刑による死刑を言い渡されたが、彼女が7人の子供達の母親だったので、判決は20年の重労働になった。


1967年にコーエンキシック氏は、、6日戦争の後、極秘の捕虜交換によって釈放された。


それから、彼女は家族とともにエルサレムに移住し、残りの人生を過ごした。


2007年にコーエンキシック氏は、イスラエルの独立記念の式典のためトーチを点灯する栄誉に選ばれた。


彼女は、

「賞や栄光の栄光のために働いたことは一度もありません。

私が、国を愛し、建国を助けたかったので、だからこそ私はこの仕事をした。」

と語った。


彼女の孫によって、2011年に制作されたビデオは、彼女の歴史をかたり、コーエンキシックが赤ちゃんの時のブエノスアイレスでの写真やレバノンでの彼女の証言、さらにアルゼンチンのタンゴ「Su Memoria」や「To His Memory」を歌っているシーンがある。


彼女の息子イツァークレバノンは、イスラエルの2009年から2011年の間エジプト大使だった。

彼女は、7人の子供達、沢山の孫とひ孫を残して亡くなった。



元記事はこちら↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。