アメリカ人の大部分 は、機密情報漏洩はアメリカ人に対する背信行為だと考えている!。

新しいラスムッセンの世論調査では、米国人の半数以上が機密情報の漏洩者が米国に対して「背信行為」をはたらいていると思っていることが判明した。


by Hannity.com Staff May 31,2017


新しいラスムッセンの世論調査では、米国人の半数以上が機密情報の漏洩者が米国に対して「背信行為」をはたらいていると思っていることが判明した。


新しい調査では、調査対象者の53%が、メディアにリークすることが「背信行為にあたる」と答えており、30%は、「そうではない」と答え、18%は未定または不明であることを示している。


およそ千人のアメリカ人の有権者への全国調査では、2つの質問を行った。:


「メディア発信者が機密の政府情報を公開する時、公的サービスを提供していると思いますか? それとも国家安全保障を傷つけていると思いますか?」


「機密情報がメディアに漏洩されたことは背信行為と考えていますか?」


登録された民主党員36%とは対照的に、背信行為であるとわかっている登録された共和党員70%以上で、違いは党の方針の大部分が崩れている。


機密情報を公開する際のマスコミの役割について尋ねると、意見はより均一的に分散されていて、共和党の有権者の56%、民主党の有権者の49%が機密情報を公開する際に国家安全保障に害を及ぼしているとの意見が出された。


ラスムッセンの調査は5月29日から30日まで行われた。


完全な調査の結果はこちららをご覧ください。

元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。