米下院情報委員会が、FBI, CIA, NSAにオバマの諜報活動について召喚状を発した!

オバマの諜報活動について召喚状を発した!


by Hannity.com Staff June 2,2017



「議会の召喚状が、CIA、FBI、NSAに送付された。

オバマ政権の米国民への監視と違法な”アンマスキング”に対する回答を要求している。」

とフォックス・ニュースは報告した。


FOXニュース↓↓↓

=================


この召喚状は、前国家安全保障顧問スーザン・ライス、前CIA局長ジョン・ブレナン、前国連大使サマンサ・パワーを含むオバマ当局の高官に関する証拠のために今週初めに発行された。


大統領の就任の前のハイレベルのトランプの仲間たちの「アンマスキング(マスクを剥ぐことこと)」に関心を持つ人物が全て任命された。


法的提出書類は、院諜報特別委員会議長のデビン・ヌネス氏が署名した。


今年の初め、この共和党の議員は、トランプの選挙運動とロシアの間の結託の主張の中で、下院代表の調査から自ら忌避したが、最近、ロサンゼルスタイムスに「アンマスキング」調査に、非常に深く関与していたと述べた。


「私は、アンマスキングに存在した物を知って見に行きました。

私が見つけたのは、アメリカ人に対する監視に関して本当に悪い代物の埋蔵物でした。それは、私が下院諜報特別委員会の議長としての極めて重要な仕事であります。」

とヌネス氏はロサンゼルスタイムスに語った。


そして、さらに、

「このことは、本当に恐ろしいことです。

なぜなら、アメリカを危険にさらします。そして政権をもつ私たちのインテリジェンスの専門家たちが行う仕事は、私達の安全にとって非常に重要なことだからです。

過去の政権は、これらの権力を乱用し、私達の国を危険にさらします。

何もありません、彼らが作り出したダメージと行ったことのダメージを説明できる言葉が何もありません。」

と述べた。


大統領は、木曜日にヌネス氏のコメントに反応した。


『「大きな話」は、オバマ政権時に行った人々の「アンマスキングと監視」である。』

とツイッターでつぶやいた。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。