米国はグリーン気候基金に10億ドルを拠出したが、トップ汚染国は0である。

米国は世界のグリーン気候基金に10億ドルを拠出したが、世界のトップ汚染国は何の拠出金もしていないとデビット・アズマン氏が報告した。


by Fox News Insider June 4,2017


米国は世界のグリーン気候基金に10億ドルを拠出したが、世界のトップ汚染国は何の拠出金もしていないとデビット・アズマン氏が報告した。

    

中国、ロシア、インドがグリーン気候基金に資金を拠出していないにもかかわらず、それでも国際社会が米国にパリ気候協定に加わるよう圧力をかけたと「フォーブス・オン・フォックス」という番組でアズマン氏は述べた。


スティーブ・フォーブス氏は、10億ドルの支払いが、トランプ大統領がパリ協定から米国を離脱させることが賢明だったもう一つの理由であると述べた。

      

「それは我々の経済に壊滅的な影響を与えるだろう」とフォーブス氏は語った。

彼は、アメリカはすでに世界のどの国よりも炭素排出量を削減していると述べた。


マイク・オザニアン氏は、パリ協定のための資金は、米国内の利益に反対する国連によって支配されると指摘した。


フォーブス・オン・フォックスの動画は、元記事のクリップを見てください↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局より:


前回の米国の拠出金の表明は、30億ドルだった。

ちなみに日本は、15億ドルの拠出金を表明している。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。