CNNがイスラム教徒の反テロ抗議運動を支援したことの否定の理由がでたらめである!

CNNが、ロンドンでのイスラム教徒の反テロ抗議運動を支援したという告発を否定したが、彼らの言い訳は詳細な調査において説得力がない。


By Paul Joseph Watson    June 5, 2017


昨夜明らかになったビデオは、イスラムのテロリストが7人を殺し、ロンドンで約50人近く負傷した翌日、CNNの記者ベッキー・アンダーソン氏が反テロのプラカードを持っているイスラム教徒を組織し指示していることを明らかにしている。


アンダーソン氏は、デモ参加者がカメラに録画される前にデモ参加者が完全に配置されていることを確認し、その場面を「すばらしい」と表現している。

=================


同じグループが複数の場所で撮影され、メディア報道とのさらなる連携が示唆された。

  ↑  「同じグループ。 色々な場所。これ以上のスクリーンショットある? ピンクのズボンを見つけた。雇われたグループだったのか?」



==================


CNNは、彼らが抗議を行うのを助けたという主張で攻撃された後、対応を余儀なくされた。


「これはナンセンスです。警察は、彼らがプラカードを見せるために交通遮断をデモ隊に許可しました。他のメディアと一緒にCNNもこれを撮影しただけです。」

とCNNインターナショナルは声明で述べた。


「警察が、デモ隊に交通封鎖を許可し、それで、彼らは、プラカードを見せることができた。」@ CNNPRは言っている。CNN、BBC、APは 単にそのように彼らを撮影しただけだ」

とCNNのブライアン・スターテル氏は主張した。↓

↑ Yosei Gestener 「ブライアン、CNNは起きていることを記録してなかった。@BeckyCNNは、何が起きるかをやらせ、リポートを始めた。悪くない。それが事実だ。」


===================


これがCNNの否認が完全なでたらめである理由である。


あなたは、彼らが、よくこのような行いをする話を勧めたいCNNの他にシナリオを想像できるだろうか?


大規模なテロ攻撃の後、もし、トミー・ロビンソンがロンドンで反シャリア法の抗議を主導していたならば、警察は彼のために交通を封鎖させただろうか?


トミー・ロビンソン・・・イギリスの極右政治団体であるイングランド防衛同盟の創設者


彼のメッセージがもっと本物に見えるように、イスラム教徒の役人が彼の横に並ぶだろうか?


ベストショットが撮れたように、CNNの記者たちは、きちんとした形で他の抗議者を注意深くかいがいしく導いたのだろうか?


それぞれ場合の答えは「No」である。


CNNは、イスラム教が「平和の宗教」であるという彼らの意図とは合致しないため、反シャリア抗議さえ取り扱わないだろう。


もし彼らが、そのことに放送時間を与えるのであれば、それは、憎むべきイスラム嫌悪のトミー・ロビンソンと他の反シャリアの抗議者たちを中傷するだろう。


CNNは、自らの課題主導の偏りを進めること以外のどんな状況でも、イスラム教徒の反テロ抗議運動のためにしたことをしないだろう。


だからこそ、彼らの否定は完全に滑稽である。

CNNは文字通りフェイク・ニュースである。

彼らは天職を受け止め、公平中立であるふりを止めるべきである。

恥ずかしいことだ。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。