トランプ氏:ソーラーパネルの国境の壁を共和党リーダーに提案した!

今日、ホワイトハウスでの共和党議会のリーダー達との会合で、トランプ大統領は、国境の壁に関する最新のアイデアを語る時間を費やした。


By Jonathan Swan June 7,2017


今日、ホワイトハウスでの共和党議会のリーダー達との会合で、トランプ大統領は、国境の壁に関する最新のアイデアを語る時間を費やした。


会議について直接的な情報を持つ3人によると、トランプ氏は、壁の費用を支払うために、電力を作る太陽電池パネルで覆われた壁を使うという考えを提案した。


トランプ氏は、ソーラーパネルで覆われた40フィートから50フィートの高さの壁で、「美しい建築物」になるという彼の構想を述べたそうだ。


大統領は、

「あなた方が聞かされているほとんどの壁は14フィートまたは15フィートの高さですが、この壁はそういう壁とはまったく別物です。」と述べた。

 


トランプ氏は立法府の議員たちに、

「彼らが私のアイデアだと述べただけで、彼らがソーラーパネルの壁について話すこともありえます」と話した。


ある人は

「大統領がソーラーパネルの壁を明確な解決案としては提示していない。」と警告した。


==================


どこからこのアイデアがでたのか?:


AP通信社によると、米国は今年初めにデザインを依頼したときに提出したものの中にソーラーパネルで壁を覆う提案があった。

今月、契約を獲得し、試作品の作成を依頼した企業が発表されるかもしれない。


==================


他にこの会議で何が議論されたか?


会議の大部分はヘルスケアに重点を置いていた。

トランプ氏は、基本案がこれまで以上により骨太になり、このヘルスケアを通過させるときが来たという言葉から開始した。


彼は、法案が準備されるとミッチ・マコーネル氏に尋ねた.

この法案はすぐに発表され、CBO(連邦議会予算事務局)によって精査され、7月4日より前に採決されると語った。


6月は、オバマのヘルスケア案の失敗について誰もが議論した。

マコーネル氏は、税制改革の道筋を明らかにするため、8月の休暇の前に、債務上限について行動することを提案した。

しかし、トランプ氏は8月以降にそれをするべきだと述べ、伝達をあいまいにすることはないと述べた。


会談後、ある政府筋によると、同当局は債務限度の採決のタイミングをほとんど管理していないので、議会はこれを速やかに処理することを期待していると述べた。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。