ジェフ・セッションズ:司法省は、オバマの前司法長官ホルダー時代の外部団体へ裏金の支払いを終了させた

水曜日、司法省は、オバマ時代慣習を終わらせ、外部団体への支払いを命じる大企業との和解協定の取り決めを認めないことを公表した。


By Fox News  June 8,2017


水曜日、司法省は、オバマ時代慣習を終わらせ、外部団体への支払いを命じる大企業との和解協定の取り決めを認めないことを公表した。


共和党は、リベラルの利益団体の口座を埋める「裏金」 だと非難した。


米国の94の弁護士事務所に送付されたメモに、

「犠牲者でも事件の当事者でもない団体に資金を供与することで、企業が和解負担を満たすことを可能にする慣行を終了する。」

と、ジェフ・セッションズ司法長官は述べた。


セッションズ氏は、その代わりに資金は財務省や犠牲者に行くべきだと述べた。


「連邦政府が企業不正行為者に対する訴訟を解決した場合、決済資金は、初めに犠牲者に渡し、第三者の特別利益団体や政権を持つ誰かの財閥に預金するのではなく、アメリカの国民に渡すべきだ」

とセッションズ氏は、声明で述べた。


保守派は、オバマ政権下で導入されたこの政策と長い間戦ってきた。


今年初め、共和党の議員は、和解が議会の歳出プロセスを迂回する懸念があっても、司法省が被告に外部団体に資金を寄付することを要求することを禁じる法案を提出した。


「この法案は監視と行動についてである。議会は、リベラルな友人たちに資金をつぎ込むために和解を使っている司法省の政治任用官たちを容認してはならない。」

と、共和党(Va)の司法委員会のボブ・グッドラット議長は声明で述べた。


「これは制度上の問題でもあります。

直接、被害者が補償されると、被告から回収された追加資金をどうするべきかを決定することは、代理人官僚や検察官ではなく、議会で選出された代表者によって適切に決定される政策問題となっています。」

連邦裁判所の上級法律研究員であるポール・ラーキン氏は、この行為を「不適切かつ違法な行為」と訴えている。

彼はまた、譲渡義務条項、ADA法(金銭および金融制定法第31条)、雑収入法によって禁止されていると述べた。


「民間の弁護士は顧客の和解金を払うことはできませんでした。政府の弁護士もそうすることはできません。この違法行為が終了する時が来ました。」とラーキン氏は2016年に書いた。



元記事はこちら↓↓↓ (ニュース動画あり)

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。