トランプ氏のロシア問題の結論:コミーの勝手な思い込みだった!

木曜日午後、ショーン・ハニティ氏のラジオで、ショーン氏は、元FBIのジェームズ・コミー氏の上院情報委員会での証言が、トランプ大統領とトランプ政権にとって素晴らしい日として記憶に残ると国中のリスナーに語った。


by Hannity.com Staff June 8,2017


木曜日午後、ショーン・ハニティ氏のラジオで、ショーン氏は、元FBIのジェームズ・コミー氏の上院情報委員会での証言が、トランプ大統領とトランプ政権にとって素晴らしい日として記憶に残ると国中のリスナーに語った。


「メディアの中で誰も、私たちが何を言おうとしているのかを教えてくれるわけではありません。トランプ大統領と彼の政権にとって素晴らしい一日でした」

とショーンはリスナーに語った。


コミー氏は、大統領が、直接彼にFBIの進行中のロシア調査を中止するようにという命令は絶対にしたことはないと公然と認めたが、大統領のコメントを命令として解釈したと主張した。


アイダホ州のジェームズ・リッチ上院議員は、コミー氏の主張に直接疑問を呈した。


======================


「妨害罪で起訴された者の事例や、結果を期待していたと言われている他の犯罪の事例をあなたは知っていますか?」

とリッチ氏は尋ねた。


前FBI長官は、

「つまり、これが、私一人の考えで米国の大統領だということです。」

と、話をそらして述べた。


「まあ、あなたはそれを方向性と見なしたかもしれないが、それは彼が言ったことではないのですね?」

とリッチ上院議員は念を押した。


「はい、そうではありません。」とコミー氏は認めた。


=====================


「よし!というわけでやっつけた!」と中継のショーンは言った。

「ワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズ、そしてCNNとABCは驚いています。いずれもフェイク・ニュース報道が暴かれたのは驚くべきことだ。」

とハニーティ氏は付け加えた。


元教師↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。