ジェームス・コミー氏の証言の重要な5つのポイント

木曜日に行われた元FBI長官ジェームス・コミー氏の証言は、いくつかの重要な事実を明らかにした。


by Hannity.com Staff June 9,2017


木曜日に行われた元FBI長官ジェームス・コミー氏の証言は、いくつかの重要な事実を明らかにした。コミー氏の証言の重要な5つのポイントは次のとおりです。


=====================================


1.トランプ氏は、ロシアと共謀したという捜査の対象では全くなかった。


これは、おそらく木曜日の最大の破壊級の真実である


トランプ大統領自身が捜査中ではなかったという事実は、コミー氏の書面による証言で明らかにされ、木曜日の元FBI長官の口頭証言の中で再び暴露された。

フロリダ上院議員のマルコ・ルビオ氏は、トランプの無実が、この試練の中でメディアにリークされない唯一のものであるという事実は奇妙なことだと指摘した。


「民主党員と共和党員、そして議会の指導者たちがそのことを知っていたにもかかわらず、この調査のすべての事柄のうち、なぜリークされていない唯一の事実なのか疑問に思っていますか?」とルビオ氏はコミーに尋ねた。


「知りません。」とコミーは答えた。

ギャング・オブ・エイトへの報告は、かなり緊密に行われています。」

と付け加えた。


*ギャング・オブ・エイト・・・超党派起案上院議員8人のこと↓↓

-======================


2.トランプ氏は、ロシアの調査に影響を与えたり、停止させようとしたりというようなことは全くなかった


事実、トランプ大統領は実際に彼の仲間の徹底的な調査を実際に奨励したようだ。


「大統領は、何か間違ったことをした彼の関連者の手下がいれば、それを見つけ出すことが良いだろうと言い続けました。」

とコミーは書面で証言した。


さらに、大統領が「放っておけ」という希望を表明したとき、コミーは広範なロシア調査を指しているわけではなく、マイケル・フリンについて具体的に話していたことを認めた。


「私は大統領がロシアへの幅広い調査や、彼の選挙運動との関連の可能性について話しているは思っていません。」

とコミー氏は書いた。


=======================================


3.ニューヨーク・タイムズとCNNの「匿名の情報源」が頻繁に間違っている。


昨日の証言によると、左翼系ニュース報道が使用している「匿名の情報源」がしばしば間違っていたことが分かった。


特に、ニューヨーク・タイムズ紙は、2016年の選挙前にトランプキャンペーンのメンバーがロシアの情報当局と「繰り返し接触」していると主張し、コミー氏は「ほぼ完全に間違っている」と述べた。

その記事は、トランプ・ロシアの共謀陰謀論の支持者によって頻繁に引用された。


「ニューヨーク・タイムズの報告は真実ではなかった。それは公正な声明ですか?」

とアイダホ州のジェームズ・リッシュ上院議員はコミーに尋ねました。


「大部分は真実ではありませんでした」

「仕事では、私は、機密情報に関する記事を書くことについて記者を選んでいません。というのは、それについて話している人々は、何が起こっているのかを実際には知りませんし、実際に何が起こっているのかを実際に知っているわけではないからです。」

とコミー氏は答えた。


アーカンソー州のトム・コットン上院議員も同様の質問をした。

元FBI局長に「この話をほぼ完全に間違っているとみなすことは公平ですか?」と尋ねた。

「はい。」とコミーは答えた。


木曜日のツイッターで、ニューヨーク・タイムズ紙はコミー氏の主張を認め、彼らは「ジェームズ・コミーの声明を調べている」とつぶやいた。

==================


4.民主党のロレッタ・リンチ氏は、電子メール調査中にクリントン・キャンペーンの主張を使用するように圧力をかけた。


おそらく、木曜日の証言の中で最も注目された爆弾は、当時のロメタ・リンチ司法長官がFBIの電子メール調査中にコミーにクリントン・キャンペーンの主張を使用するように圧力をかけようとしたことだった。


コミーがなぜクリントンの電子メールの調査に関して司法省の独立性を気にしていたのか尋ねられたとき、その暴露がなされた。


「ある時点で、司法長官は私に、調査と呼ばないよう命じ、その代わりに”問題”と呼び、そのことで私を混乱させ、心配させました、」

と語った。


「もし、私たちが納得してこの事件を打ち切るならば、私が部署から離れなければならないと判断させた理由の一つでした。」

================


5.ジェームズ・コミーが自分のメモをリークした


元FBI長官のジェームズ・コミーは、上院情報委員会に対し、トランプ大統領に対する懸念を表明するために個人的な知人を通して、個人的なメモを個人的にリークした、とフォックス・ニュースが報じた。


この新事実は、コミーと共和党上院議員のスーザン・コリンズ氏との緊張したやりとりの中で分かった。

議員はコミー氏に、機密文書をFBI外の者または司法省と共有したかどうか尋ねた。


「私の友人にメモの内容を記者と共有するように頼みました。 - 私は特別顧問の任命を促すかもしれないと思いました。」とコミー氏は語った。


フォックス・ニュースによると、コミーは彼のメモをコロンビア大学教授ダン・リッチマンにリークし、その人物が、元FBI長官とメディア間の連絡係であったことが後に確認されている。

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。