ロシア疑惑公聴会:上院議員トム・コットン氏とジェフ・セッション司法長官は、ロシア陰謀論をあざ笑った。

司法長官ジェフ・セッションズ氏とアーカンソー州のアーカンソー州の上院議員トム・コットン氏は、クレムリンとトランプ・チームとの関係を取り巻くスパイ小説のようなブラック・ヘリコプターの陰謀論を公然とあざ笑った。


by Hannity.com Staff June 14, 2017


司法長官ジェフ・セッションズ氏とアーカンソー州のアーカンソー州の上院議員トム・コットン氏は、クレムリンとトランプ・チームとの関係を取り巻くスパイ小説のようなブラック・ヘリコプターの陰謀論を公然とあざ笑った。


「メイフラワーで何が起こったと思いますか?

セッションさん、あなたはスパイのトレードクラフトの電話とは何かをよく知っていますか?

それには秘密の連絡方法には、デッド・ドロップブラッシュパスなどがあります。

あなたはスパイ小説が好きですか?」

とコットンは尋ねました。


「ええ、好きです。」と笑い声をこらえながらセッションは応えた。


「スパイ行為の歴史上の中で最大の犯罪を引き起こすため、数百人の他の人々と開放的な状況で、着席しているアメリカの上院議員と外国政府の大使が、共謀したというとてもばかげている筋書きについて、これらのなにか現実的でない状況を今まで聞いたことがありますか?」

とコットン上院議員は尋ねた。


「コットン上院議員にそう言っていただいて感謝します。」

と司法長官は述べた。


さらに続けた。

「これは何ですか?

私が、どれだけ誠意を持って、私がロシア人と会っていないと言ったかということを説明しました。

なぜなら、私が代理人としてロシア人と継続的に会っていたことを彼らが示唆していたからです。」

「どうなったかといえば、私はアメリカの選挙でのキャンペーンの影響をいくらか陰謀[策略を働いたということで告発されています。

それは、私の理解の範疇を超えています。

私は、公の場で発言する機会をいただき議長には本当に感謝しています。

私はそれに参加しておらず、それについては何も知りません。」

と司法長官は述べた。



用語説明:


ブラック・ヘリコプター:
新世界秩序の秘密諜報員、米国を侵略するために準備している国連軍隊、および/またはブラック・イン・メンズによって米国は監視されているという陰謀論で使われているヘリコプター。この理論は、UFO,幽霊、妖精と同様の起源である。


トレードクラフト:スパイ活動に必要なノウハウ


デッド・ドロップ:スパイが情報を交換する技術の一種。互いに顔を合わせずに情報を受け渡す方法


ブラッシュパス:2人のエージェントが「会う」という短い瞬間を記述し、情報、文書、および/または機器をすばやく交換するための用語



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。