ホワイトハウスは、怒ったトランプ氏がロバート・ミューラーを解任するかもしれないという噂に水を差した!

火曜日、ホワイトハウスは、2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉の捜査のため司法省から特別検察官に任命された前FBI長官のロバート・ミューラー氏をトランプ氏が解任する意向はないと明らかにした。


By Bryan Logan  June 14,2017


火曜日、ホワイトハウスは、2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉の捜査のため司法省から特別検察官に任命された前FBI長官のロバート・ミューラー氏をトランプ氏が解任する意向はないと明らかにした。


ホワイトハウス副報道官サラ・ハッカービー・サンダーズ氏は、

「大統領には権利があるが、そうするつもりはない」

と、火曜日の夕方、エアフォースワンの記者会見で語った。


それにもかかわらず、大統領が「魔女の狩り」と述べた調査を怒っている、と ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。


さらに、5月にFBI長官を解任されたジェームス・コミー氏とミューラーが近いという保守系のニュース報道についてトランプ氏が悩んでいると、タイムズ紙は報じた。


また、ホワイトハウスの職員が、ミューラー氏を解任するという命令についてトランプ氏を説得することに協力したと同紙は報じた。


====================


先月、大統領選挙におけるロシアの干渉のFBIの捜査のため司法省から特別検察官に任命されたミューラー氏は、この仕事の適任者として、民主党と共和党に絶賛された。


しかし、先月、ミューラー氏の任命が発表された直後、「トランプ氏が彼を解雇するという案が浮上し、職員がその案を潰そうとしたが、彼らは悪い状況を大災害に変えると考えていた。」とタイムズ紙が報じた。


トランプ氏は、ミューラーとコミーを結びつけるブライトバートニュースのような保守的な発信のレポートによって明らかに悩まされた。


コミー氏は、先週、上院情報委員会に対し、彼がトランプ氏との私的な会話について書いたメモの情報をリークしたと証言した。

コミー氏は上院議員に、これらのメモの内容を公開することが、ロシア捜査の特別顧問の任命を促すと考えていたと述べた。


トランプ氏は大統領選挙でのロシアの干渉についての調査に失望していることを明らかにしたが、諜報当局者は、トランプ氏の賛同で結果を攻撃するためになされたと述べた。


調査官はまた、ロシアの当局者の干渉と共謀しているトランプ・キャンペーンの関係者がいるかどうかを知ろうとしている。


タイムズ紙によると、トランプ氏はミューラー氏を「公平な調査ができない」としていると伝えられてとし、解任の政治的な意味と法律を持ち出した。


ホワイトハウスの職員は、それでもなおこの考えからトランプを説得しようとした。


司法長官代理ロッドローゼンタイン氏は、火曜日、別々の証言で、ミューラーを解任するという「秘密の計画」はないとし、そのような原因もなかったと述べた。


ミュラー氏は、元トランプキャンペーンマネージャーのポール・マナフォート氏と大統領の義理であり相談役であるジャレッド・クシュナー氏を含む捜査に巻き込まれた何人かの人の弁護士の抗議から生じる利害相反の可能性があるにも関わらず、調査を導くため司法省によってすでに権利を放棄されている。


それにもかかわらず、トランプ氏はミューラー主導の調査をコミー氏と同じようにしている。

タイムズはトランプの考えを煮詰めて次のよう報じた:

「トランプ氏にとっては、思い付きと意志の間の線は常に細い。しばしば、瞬間的に怒り、瞬間的に怒りが消えてしまう。彼のニュージャージーのベドミンスターのリゾートでは、週末にコメイ氏が解任された。」


トランプ氏も司法長官のジェフセッション氏もミューラーの公的支援を行っていない。

セッション氏は、2月のトランプキャンペーンに関連した調査から外れた。これもまたトランプの怒りを誘発した。


火曜日にミューラー氏を任命したローゼンタイン氏は、

「私がこのポジションにいる限り、正当な理由がなければ解任されることはない」と述べた。



海外ニュース翻訳情報局から:
この記事は、ニューヨークタイムス側に立って、噂を否定した論調です。



こちらもご覧ください(関連記事):↓↓↓






元記事↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。