フェイクニュースだった:トランプ氏がロバートミューラー氏を解任するという噂の出所

ドナルド・トランプ大統領が、ロシア政府とトランプ・キャンペーンの可能性のある関係を調査している司法省の特別顧問ロバート・ミューラー氏を解任することを検討しているという報道を暴くために、ローラ・イングラハム氏が「フォックス&フレンズ」に現れた。


By Fox New June 14,2017


ドナルド・トランプ大統領が、ロシア政府とトランプ・キャンペーンの可能性のある関係を調査している司法省の特別顧問ロバート・ミューラー氏を解任することを検討しているという報道を暴くために、ローラ・イングラハム氏が「フォックス&フレンズ」に現れた。


トランプ氏の長年の友人クリストファー・ルディ氏がPBSの「ニューショール」で大統領が「おそらく特別顧問を解任することを考えている」と述べたことが発端だ。

「私は彼がその選択肢を検討していると思う」とルディ氏は語った。


ホワイトハウスは迅速にルディ氏のコメントを却下した。

「ルディさんは、この問題に関して大統領と話したことは一度もありませんでした」とホワイトハウスの報道官、ショーン・スパイサーは数時間後に声明で述べた。

また、「この件に関しては、大統領または彼の弁護士だけがコメントする権限を持っています。」と付け加えた。


イングラハム氏は、ルディ氏の根拠のない発言を拡散している主流メディアを非難した。


「これはフェイクニュースです」とイングラハム氏は語った。

「これは、大統領を政権から撤退させるための、怠惰で馬鹿にするためのエスタブリッシュ・メディアのやり方です。」


彼女はルディ氏をよく知っていると述べ、今日後で彼のコメントを明確させることを期待している。


彼女は、フォックス・ニュースのジョン・ロバーツ氏は、トランプサポーターと弁護士のジェイ・セクローとのインタビューでルディ氏が明らかに誤解した情報を得たと報告したことに注目した。


「もし彼が言ったとしても、それを追いかけ、それが本当であるかどうかを検証することが、アメリカのメディアの義務ではありませんか?」

とイングラハム氏は語った。


彼女は、ホワイトハウスからトランプを追い出す「協調した努力」があるため、マスコミはそれを行っていないと主張した。


「これはフェイクであり間違っています。それは中傷であり、悪意があります。」




元記事はこちら↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。