釈放された北朝鮮で留置された米国人の父親は、オバマ政権を激しく非難した(記者会見および事件の詳細あり)一部抄訳,

最近、北朝鮮の刑務所から釈放されたオットー・ワーナビアの父である、共産主義のワーナビア氏は、彼の息子の釈放に関して何もしなかったオバマ政権を狙い撃ちした。

by Hannity.com Staff


最近、北朝鮮の刑務所から釈放されたオットー・ワーナビアの父である、共産主義のワーナビア氏は、彼の息子の釈放に関して何も成果をださなかったオバマ政権を狙い撃ちした。


ワーナビア氏は木曜日の記者会見で批判的な発言をした。


「オットーが最初に連れていかれた時、彼らは彼が解放されるよう働いていた間、我々は、以前の行政からの低姿勢な態度をとるよう忠告を受けました。私たちは成果もなくそうしました。」とワーナビア氏は記者会見で語った。


「今年の初め、シンディと私は戦略的な忍耐の時は終わったと判断し、いくつかのメディア出演を行い、ワシントンに行って国務省のジョー・ユン大使と会いました。

ユン大使のチームは、大統領の指示のもと、積極的に状況の解決を追求しました。

私たちは、彼らがオットーを家に連れて帰えってくださったことに感謝しています。」


前政権がこれ以上の成果を上げることができたかどうか信頼していましたか?と尋ねられると、ワーナビア氏は

「結果が自らを語ると思います。」と答えた。


米国人の学生であるオットー・ワーナビア氏は、宣伝ポスターを引き裂いたとし、2016年1月に北朝鮮警察によって逮捕された。17か月身柄を拘束され、火曜日釈放された。

報告によると、ワーナビア氏は拘束中、 「重度の神経学的傷害」に苦しんでおり、現在シンシナティ病院では睡状態にある。

===========================

この事件の経緯と詳細


オットーワーナビアについて


父親のフレッド・ワービナアによると次のような経緯である。

息子のオットーは、2015年末に中国を旅行している際、北朝鮮への旅行を提供している会社に出会った。

「これは、両親がさせたくない旅行です」というようなスローガンで特別に若い西洋人をターゲットにしたツアーだった。


この旅行会社は、ヤングパイオニアツアーという名の中国の西安を拠点とする独立系旅行会社でバジェットグループと北朝鮮のツアーを専門にしている。


ワーナビアは、ヤングパイオニアツアーが主催する5日間の北朝鮮の新年ツアーに参加した。

10人のアメリカ人が彼と同じツアーに参加した。


ピョンヤンの羊角島国際ホテルに滞在し、ホテルの従業員専用のフロアにあった「金正日の愛国心を強く抱きしめよう!」と書かれている宣伝ポスターを盗んで米国に持ち帰ろうとしたと自白した。


============


ワーナビアの両親によると、このポスターの話は、拘束するためにでっち上げられた話で、空港を出国しようとした時に拉致されたという。


窃盗の証拠のビデオは、2016年3月18日に国営中央通信社によってリリースされた。


18秒の低解像度ビデオでは、認識できない人物が壁からポスターを取り除き、床に置いた。

この行動は2回表示され、続いて壁の高解像度のポスターが映し出された。

ポスターを取り除いた人の顔は、ビデオクリップでは見えない。


==============


ワーナビアは2016年1月2日、北朝鮮を平壌国際空港から出発する過程で逮捕された。

彼のツアーグループの他の旅行者はすべて問題なく出国した。


彼の犯行は、北朝鮮の報道機関であるKCNAの「国家に対する敵対的行為」として述べられた。


ワーナビアは2016年2月29日の記者会見で、北朝鮮のプロパガンダを盗んで米国に持ち帰ろうとした告白した。

彼は故郷のワイオミングの教会の壁に掛けられるお土産としてそれを欲しがっていた友人の母親のためのバナーを盗んだと述べた。


彼は、10,000ドル相当の中古車を提供された。または拘束されて戻らなかった場合、慈善寄付の形で母親に20万ドルが支払われる予定だった。

ワーナビア氏は、家族が「非常に厳しい財政難に苦しんでいる」ため、この申し出を受け入れたと述べた。


彼はまた、バージニア大学の非公表の社会組織である慈善団体、Zソサエティと事前組織にかかわりたいという願望によって行為が助長されたと述べた。


ワーナビエの自白は次の通りである:


私は絶対に、この国で犯罪をするために米国の政権に誘惑されるべきではありませんでした。
私は、米国の政権が、将来、外国に対して犯罪を行うために、私自身のような人々を、決して操ることがないようことを望みます。
私は、あなたの許しのために、皆さん、朝鮮民主主義人民共和国の政府、皆さんに全面的に懇願します。お願いします!私は私の人生の最悪の間違いをしました。


しかし、ワーナビアの父親は後に、その自白が強要され、ワイオミング州の中古車と教会に関する話はばかげた話であると述べた。


ビル・リチャードソン氏は、米国特使2時間後の2016年3月16 日、国連事務所からの2人の北朝鮮外交官と会い、ワーナビアの解放を求めた。


ワーナビアは15年間の強制労働を宣告された。


ワーナビア氏の父親は、2017年5月に、彼と彼の妻は、彼の息子が米国と北朝鮮の間の交渉の一環であることを望んだと語った。


他国の組織はワーナビアの判決を非難した。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、この判決を「不法で衝撃的」とした。

米国国務省のスポークスマンは、厳しい判決は「政治目的のために」課されたものであり、実際には北朝鮮の核兵器検査の増加による経済制裁の強化に対する対応であったと述べた。


=======================


米国の国務長官であるレックス・ティラーソン氏は、2017年6月12 日、北朝鮮がワーナビアを解放したと発表した。

ティラーソン氏はまた、米国国務省がドナルド・トランプ大統領の指示でワーナビアの解放を確保したことを発表した。

ティラーソン氏は、国務省が北朝鮮と拘束された3人の他のアメリカ人について引き続き議論していると述べた。


ワームビア氏の両親はワシントン・ポスト紙に対し、ワーナビアは医療的に隔離されており、ワームビアは裁判後、いつのまにかボツリヌス菌にかかり、睡眠薬を与えられた後に昏睡状態に陥ったと北朝鮮当局に伝えられたと語った。

彼らは彼が釈放の1週間前に昏睡状態にあったことを知った。

リチャードソンは家族と会い、ワーナビアーは緊急に医師の診察を必要としていると述べた。


拘留から17ヶ月後、ワーナビアは新千歳空港からテッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港に飛行した後、2017年6月13日の現地時間午後10時20分前にシンシナティ市営のルンケン空港に到着した。


その後、シンシナティ大学医療センターでは、医師が昏睡を引き起こした原因と回復可能な脳機能の徴候があるかどうかを検査した。

彼の到着に先立ち、シンシナティ保健局との医師がワーナビアの症状を議論し、ボツリヌス中毒や睡眠薬が昏睡の原因となったという主張に懐疑的な見方を表明した。

オットーの父親フレッドは、彼の息子は、北朝鮮が意図的に「恐怖と残忍に扱った」考えている。


=================


健康状態:


2017年6月15日、シンシナティメディカルセンターの医師は、ワーナビアが頭部外傷ではなく心肺事象と一致する広範な脳損傷を被ったと述べた。


ワーナビアの父親はその日の記者会見を開いた。

しかし、神経学的損傷は、攻撃によって引き起こされたかどうかの記者の質問に答えはいない。彼は、北朝鮮人が彼らに語ったことは全く信じていないと述べた。


シンシナティメディカルセンターのニューロクリティカルケアプログラムのディレクターである神経学者、ダニエル・カンター氏は、22歳のワーナビアは「無反応の覚醒状態」にあると説明した。

この様子は、持続的な植物状態のように、一般的に知られている新しい用語である。


検査では、彼は脳全体に脳組織の喪失を経験していることが明らかになった。


カンター氏は、ワーナビアの脳傷害は、脳を酸素欠乏にさせる心停止の典型であると述べた。


医師はまた、身体的虐待や拷問の証拠は見つけられなかったと述べた。

ワーナビアの首と頭のスキャンは脳損傷の外は正常だった。


医師は、彼らが何で心停止を引き起こしたのかわからないと述べた。しかし、それは、呼吸停止によって引き起こされた可能性がある。


病院の神経保護ケア専門医であるランドン・フォアマン氏は、麻痺を引き起こす可能性のあるボツリヌス菌中毒症状の過去の症例はなかったと確認された。


北朝鮮からの医療記録の一部は、ワーナビアと一緒に返送され、彼が有罪判決の後、ひと月、2016年4月からこの州にいたとなっている。


フレッド・ワーナビア氏は、

「彼の状態を秘密にし、長年にわたり最高の治療を与えなかった文明国は、どんな理由があっても許されない。」と息子の状態において北朝鮮に対する怒りを表明した。


元記事はこちら↓↓

この事件の経緯と詳細: 記者会見、ウイキペディア

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。