保守派に対する反トランプのウェブサイトの「物理的暴力」の呼びかけ

有名な「トランプ・レジスタンス」という組織のウェブサイトによると、国を「制御できなく」するために大統領の支持者、「保守的なファシスト」と資本主義者の支持者に対して「あらゆる種類の身体的な暴力」を開始するようにと呼びかけている。


by Hannity.com Staff  June 20,2017


有名な「トランプ・レジスタンス」という組織のウェブサイトによると、国を「制御できなく」するために大統領の支持者、「保守的なファシスト」と資本主義者の支持者に対して「あらゆる種類の身体的な暴力」を開始するようにと呼びかけている。


「It's Going Down」というタイトルのAntifa(反ファシストの略)ウェブサイトは、2016年の米国総選挙をきっかけとして、反トランプ活動家とアナキストのためのリソースとなっている。


政治的暴力を擁護し、「Make American Great Again」の帽子が残虐的に攻撃されているという個人のプロパガンダイメージを掲載している。


ウェブサイトに掲載された記事は、「大量暴動」と「大規模な抵抗」を要求しており、現政権の支持者をナチスとファシストと同等に考えている。


また。社会正義を促進し、保守派に対して防護するために、「必要な悪」として暴力を公然と提唱している。


リベラルな左翼のヘイト・スピーチやファースト・ファミリーに対する個人攻撃は、キャシー・グリフィンの恐ろしい作り物のトランプの断頭、ニューヨークのアメリカ大統領の刺殺死の演劇、北部バージニア州での大規模な暗殺未遂などここ数週間で全国的な見出しを集めた。


1人の下院議員と法執行機関の何人かのメンバーに致命傷を負わせたガンマンは、極左バニー・サンダースのボランティアとして、トランプ政権に「抗議する」ためにその地域に引っ越したボランティアとして確認されている。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。