元国務省とCIA職員が逮捕され、連邦政府の諜報機関に起訴された

バージニア州アレクサンドリアにある米連邦地裁に提出された宣誓供述書によると、元国務省職員が木曜日に逮捕され、最高機密と機密文書を中国政府機関に送ったとして、スパイ活動の嫌疑で告発された。


by ZeroPointNow June 22,2017


バージニア州アレクサンドリアにある米連邦地裁に提出された宣誓供述書によると、元国務省職員が木曜日に逮捕され、最高機密と機密文書を中国政府機関に送ったとして、スパイ活動の嫌疑で告発された。


バージニア州リーズバークのケビン・マロリー(60歳)は、流ちょうな中国語を話す自営業のコンサルタントである。


裁判所の提出書類によれば、マロリーは1987年から1990年まで米国国務省の外交安全保障局の特別代理人として勤務した陸軍退役軍人だった。

それ以来、マロリーは様々な政府機関や防衛請負業者のために最高機密事項扱権限を維持してきた。


ワシントンポスト紙によると、マロリー氏はCIAの職員でもあった。


マロリーは、連邦活動取締法のもとに終身刑を課せられる可能性があり、一定の条件が満たされれば死刑の対象となる可能性がある。


裁判所の提出書類によると、マロリーは4月に上海に行き、シカゴのオヘア空港で機内持ち込みバックの中にあった現金16,500ドルを申告しなかったために、税関職員によって止められた。


1ヵ月後、FBIの捜査官はマロリー氏に尋問をした。


マロリーは中国の工作員であったと現在疑われる中国のシンクタンクから2人の人物にあったことを話した。


中国の工作員は、マロリーに文書を安全に送信するための特別な通信装置を提供した

彼は、米国の政策上の問題に関する2つの機密扱いでない「白書」を送信するためだけに使用したと主張した。


しかし、宣誓供述書によると、FBIの科学捜査でデバイスを検索したとき、マロリーが削除したと思われる他のいくつかの文書が発見された。


伝えられるところでは、マロリーから疑わしい中国の工作員へのメッセージの1つは、「あなたの目的は情報を得ることであり、私の目的は送金すること」とあった。


捜査官が、このデバイスをさらに分析すると、4つの機密文書が発見された。

そのうち3つは最高機密であった。

宣誓供述書によると、マロリーは、最高機密のいくつかの情報の特定のページのすべてがなぜ編集されたかを質問された。

米国のスパイは、情報が貴重であるという保証とともに

「詳細に読まれない限り、それは単純なメモのように見えました。」

と、答えた。

マロリー氏は、木曜日に灰色のタンクトップと黒いスポーツショートパンツを着て裁判所に出頭し、裁判所に任命された弁護士を要請した。

彼は、金曜日の午後の拘留尋問を命じられた。

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。