テキサス州の政治難民が、カリフォルニア州出身者であると指摘された。

カリフォルニア州政府が後押しする米国内一部州への旅行禁止法において、テキサス州に来る政治難民の大半は、実際カリフォルニア州出身者であることを司法長官ケン・パックストン氏が指摘した。


By Kit Daniels JUNE 25, 2017


カリフォルニア州政府が後押しする米国内一部州への旅行禁止法において、テキサス州に来る政治難民の大半は、実際カリフォルニア州出身者であることを司法長官ケン・パックストン氏が指摘した。


カリフォルニア州の労働者がテキサス州を旅行することを禁止したり、ローンスター州(テキサス州のこと)で公的資金を使って公式の行事を行ったりすることを禁じた旅行禁止法を設定した。


その結果、パクストン氏などテキサス州の関係者らが、テキサス州人へのほとんどの新しい移住者がカリフォルニア出身であることを明らかにし嘲笑した。


海外ニュース翻訳情報局より補足:
テキサス州は、カリフォルニア州旅行禁止法の中の禁止されている州の1つである。


「私はカリフォルニアからテキサス州に移住した人々とほぼ毎日話しています。

より沢山の求人案内、低価格の住宅、左翼政治情勢からの脱出、または文化と生活の質を向上させるためのいずれかに起因すると、必ず彼らは言っています。」

とパクストン氏は述べている。


彼の広報責任者マーク・ライランダー氏は、

「カリフォルニア人は、テキサスに定住するために、集団で来ています。」と付け加えた。

「このことは、テキサス州でも素晴らしい日です。」と彼は続けた。


「私たちは、経済が繁栄しています。

生き生きとしたすばらしい場所、素晴らしい人々、最高の食べ物、家族、アメフト、そしてテキサスを素晴らしいものにするすべてのものがあります。

手ごろな料金で、すべての事を楽しむことができます。」


カリフォルニア州の旅行禁止令は、司法長官であるザビエル・ベッカラ氏によって制定され、その禁止令は、テキサス州の児童福祉制度でサービスを提供しながら、信仰に基づいた団体が宗教的信念を維持できるようにする最近のテキサス州の法律に対応したものだった。


2015年には、55万人以上がテキサス州に移住した。

カリフォルニア州の65万人が同州を出て行き、そのうち10%以上がテキサス州に移住した。


=========================

↑ テキサス州は、カリフォルニア州の旅行禁止法のリストに載った。

ザビエル。ベッカラ司法長官は、テキサス州、アラバマ州、ケンタッキー州、サウスダコタ州への旅行禁止を規制したことを発表。


=====================


元記事はこちら↓↓↓

関連記事もどうぞ↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。