カリフォルニア州には、8つの州に対し旅行禁止法が制定されている。

公式の旅行を禁止するカリフォルニアの新しい旅行禁止法の対象とされている8つの州は、静かに平穏である。


By KATY MURPHY June 22,2017


カリフォルニア州の旅行禁止法は、同州の司法長官がLGBTの権利を侵害したとみなした法律を最近通過した州に対し罰する法律である。


先週の発表によると、州のリストにはテキサスを含み2倍になると赤い州(共和党を支持する州)に冷笑された。


イスラム教徒が多数の何か国に対するトランプ大統領の旅行禁止に激しく反対した州によって、陳腐な政治行為から偽善的な行為まですべてみなされた。


ジェイ・ブラウン知事は、例えばテネシー州のように、ゲイの結婚は違法で、LGBT市民が同様の市民権保護を受けていない中国に、最近公式訪問したことには気付かなかった。


カリフォルニア州を嫌いな人にとって、旅行禁止は豊富なネタを提供している。

「 テロリストを我々の国に入れないという大統領の渡航禁止に彼らが反対するのはおかしいです。

現在、カリフォルニアの住民をテキサスの中に入れないようにしたいです。」

とマーク・ライランダー(テキサス州検事総長ケン・パクストンのための広報責任者)はヒューストンクロニクルに語った。

「私は、それがカリフォルニアの論理だと思います。」


ダスティンバローズ氏を含むテキサス州の一部の共和党員は、議会の臨時会中に来月、報復するよう州に既に求めている、と同紙は報じた。


================


禁止に含まれる最初の州は、カンザス州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、テネシー州だった。


先週末、カリフォルニア州検事総長ザビエル・ベッカー氏は、アラバマ州、ケンタッキー州、サウスダコタ州、テキサス州が追加されたと発表した。


禁止法には、公的機関や職員が州資金による旅行禁止が記載されている。

制定前に署名された契約や法執行機関による重要な旅行などいくつかの例外はある。


ソーシャルメディアで拡散されていることは、新しい法律を嘲笑するテネシー州の議員らの決議である。いくつかカリフォルニア州に素早く反撃している。


「カリフォルニアの途方もない高い税金、財政赤字の拡大、社会福祉プログラムの暴走、不法移民の蔓延などに同意しないというテネシー州の表明と我々の州で公的政策に影響するカリフォルニア州の試みは似ています。

カリフォルニアが愚かさの増大を防ぐために行ったように、彼らの姉妹国に根拠のない道徳的判断を押し付けることを控えるよう、我々は、その他の48州に主張することをさらに決議した。」と述べた。


================


先週、カリフォルニア州の旅行禁止法にリストに新しい州が追加された。


アラバマ州:HB 24では、同性カップルへの養子縁組を拒否し、州資金による宗教倫理に基づいた社会活動の養子縁組と里親仲介所が許可されている。


ケンタッキー州:学校での宗教的表現を保護する法案SB 17は、学生団体がどのように会員を選ぶかを学校当局が規制するのが難しくなり、LGBT主張者は差別を助長すると主張している。


南ダコタ州:アラバマ州の新法と同様に、SB 149は同性カップルを持つ家庭に児童を置くことを拒否する養子縁組と養育機関を法的に保護している。



テキサス州:HB 3859もまた、州資金によるものを含む宗教的倫理に基づいた里親、養子縁組仲介所が同性のカップルとの養子縁組を拒否することを許可している。


注)

HB・・・下院法案
SB・・・上院法案


===================

元記事はこちら↓↓↓

関連記事もどうぞ↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。