影の大統領? オバマ氏は、韓国大統領と会い、トランプ大統領について議論した。

3日月曜日、オバマは韓国大統領と会い、トランプ大統領について議論した。


By  Alex Pfeiffer July 3,2017


バラク・オバマ前大統領は、昔の仕事に懐かしさを感じているようだ。

月曜日、韓国大統領の文在寅氏と40分間会談した。


韓国ヘラルドが 、文氏が最近のワシントンのトランプ大統領との会談について話し、オバマ大統領にその関係をどのように改善するかアドバイスを求めたと報じた。


この会談は、オバマがアジア・リーダーシップ会議とジャカルタのインドネシア・ディアスポラ第4回会議で講演した後に行われた。


そこで彼は、パリの気候変動協定から撤退するというトランプの決定を非難した。


「パリでは、歴史上、気候変動に関する最も野心的な合意をめぐり我々は一緒に歩んできた。これは、アメリカのリーダーシップが一時的に不在でも、子供たちに戦いのチャンスを与えることができるという合意であります。」

とオバマ氏はインドネシアで述べた。


前大統領は辞任する前に、大統領任期の間において、彼の前任者だったジョージW・ブッシュの沈黙を感謝していると述べた。


しかし、彼はまた、自分は、まだ、1人の市民であり、義務と義務を負っている」と強く主張した。

この市民的ステータスは、彼の積極的な大統領的立場での政治的生活につながった。


彼は 5月に議会のメンバーに訴え オバマケアを保持するには「勇気」を持つようにとアピールした。


トランプ大統領の任期わずか数週間で、オバマはトランプのいわゆる「主要イスラム教国への渡航禁止」の非難を彼のスポークスマンを通じて声明を出した。


トランプ大統領とオバマ大統領は緊張関係である。

トランプ氏は、トランプ氏への違法スパイ行為と司法妨害でオバマ氏を非難している。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。