エマニュエル・マクロン:ドナルド・トランプの横に立つために移動

エマニュエル・マクロン:ドナルド・トランプの横に立つために移動

By Keely Lockhart, video source ebs    JULY 7 2017 • 3:37PM


まずは、こちらのビデオをご覧ください。



===================


フランス大統領エマニュエル・マクロンは、家族写真でドナルド・トランプの隣に立つために移動し、ドイツのメルケル首相は、その様子を見ていました。

=====================


G20のマクロン氏は、彼の側近が場所を教えようとする前に、後ろの方で迷ったように見えます。

=======================


この騒動に気づいて、アンゲラ・メルケルは彼の注意を得るたに、マクロン氏の肩を軽くたたきました。しかし、フランスの首相は世界的リーダーの方にすでに進んで行きました。

=======================

マクロン氏は、人を押しのけて、落ち着かない様子で場所を移動するためキスをしました。

==================

彼は、G20リーダーたちの写真のために、ついにトランプの左の端に到着しました。

================

または、極右にたちました。(どちらからをみるかはあなた次第です!)


===================


マクロンが、かつてドナルド・トランプとの握手を避けようとした時とは違います!


==============

その他補足

1.エマニュエル・マクロン、フランス大統領

2.ドナルドトランプ、米国大統領

3. ジョコ・ウィドドインドネシア大統領

4.エンリケ・ペニャ・ニエト、メキシコ大統領

5.ジェイコブ・ズマ南アフリカ大統領

6.マウリシオ・マクリ アルゼンチンの大統領

7.アンゲラ・メルケル首相

8.習近平  中国共産党中央委員会総書記

9.ウラジミール・プーチン ロシアの大統領

10.レセプ・タイイップ・エルドアン、トルコ大統領

11.ミシェル・テンマー、ブラジル大統領

12 文在寅 韓国大統領

13.アルファコンデ、ギニア大統領

14.パオロ・ゲンティロニ、イタリア首相

15.ジャスティン・トルドー、カナダ総理大臣

16.ナレンドラ・モデイ、インド首相

17.安倍晋三首相

18.マルコム・ターンブル、オーストラリア首相

19. テレサ・メイ、イギス総理大臣

20.ドナルド・タスク 欧州理事会議長

21.ジャン・クロード・ユンケル 欧州委員会委員長

22.エンジェル・グリア、経済協力開発機構(OECD)事務総長

23.アントニオ・グテレス国際連合事務総長

24.ロベルト・アゼヴェド、世界貿易機関

25.エルナ・ソルベルグ、ノルウェー首相

26. テドロス・アダノム、世界保健機関事務局長

27.マーク・ルット、オランダ首相

28.クリスティン・ラガルド国際通貨基金長

29.マッキー・サル セネガル大統領M

30.ガイ・ライダー国際労働機関長

31.リー・シエン・ロング、シンガポール首相

32.ジム・ヨン・キム世界銀行総裁

33.マリアーノ・ラジョイ・ブライ、スペイン首相

34 グエン・スアン・フック ベトナム首相

35. マークカーニー G20金融安定委員会委員長

36.イブラヒム・アル・アサフ、サウジアラビア国務大臣

G20には20のメンバーがいる。

19カ国とEU。スペインはG20サミットの常設ゲストとみなされ、その他のゲストは招待されている。

セネガル大統領(アフリカ開発のため)だけでなく、アフリカ連合、ベトナムに代表されるアジア太平洋経済協力の新パートナーシップ -、その他ノルウェー、オランダ、シンガポール の3つの相手国をドイツが招待した。

またその他、招待:国際労働機関、国際通貨基金、金融安定理事会、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、経済協力開発機構、国連や世界保健機関。


CNN Politicsより引用


=============

元記事はこちら↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。