ニューヨーク市長:ドイツのトランプに対するソロスの抗議活動に参加

土曜日にドイツのトランプ大統領に抗議して、ニューヨーク市長ビル・ド・ブラシオ(民主党)が基調講演者となる。


BY ROBIN EBERHARDT - July 7,2017


抗議活動は、年次G20サミット会議でトランプや他の世界の指導者たちが集まっているハンブルグで起きている。


ブラシオ氏 はG20サミットのイベントでドイツに向かうことを木曜日に発表し、抗議活動に参加することをブルームバーグ に明らかにした。


この抗議活動は、トランプの政策と欧州のポピュリスト右派グループの増加に反対しデモを行う。


ブルームバーグによると、ブラシオ市長は、「Hamburg Shows Attitude(ハンブルグ行動で示す)という組織で運営されるイベントで講演する予定になっている。


================

「私たちは、次のことが確認できて喜んでいます。:

人権と民主主義のための集会で@NYCMayor(ニューヨーク市長)の土曜日の基調講演が確認できました。」と木曜日にツイッターでつぶやいた。


=======================


ブラシオ氏の旅費 は、彼らが支払っていると主張している。

ブラシオ氏の報道官であるエリック・フィリップス氏は、ニューヨーク・デイリー・ニュースに対し、イベント主催者が旅費を負担していることを確認した。

「ドイツでトランプ大統領の声を聞かないことこそ価値があります。」

とその組織代表はブルームバーグに語った。


フィリップス氏は、

「市長は、ニューヨークとアメリカの価値観を、国際的聴衆と共有します。

私たちは、大統領から聞いて見るだけで心配しています。」と述べた。


「アメリカの指導者たちが、世界各国、世界各地に立ち向かい、トランプ政権の脅威的なレトリックや政策スタンスに立ち向かうことが重要です。」と述べた。


デ・ブラシオ氏は、土曜日の抗議活動に先立ち、金曜日にハンブルクのタウンホールで地元の関係者と会談している。


デ・ブラシオ氏はトランプ氏の批判者として活躍している。

都市が気候変動協定の目標を継続することを約束したパリの気候協定から米国を離脱させる大統領の決定を非難した。



補足:
「Hamburg Shows Attitude」は、「Hamburg zeigt Haltung」という組織が行っている。

「Hamburg zeigt Haltung」は、ソロスのオープンソサエティから資金が出ていると言われています。。


元記事はこちら↓↓↓

関連記事もどうぞ↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。