オバマ政権が昨年、ホテルを予約しなかったため、トランプはドイツの政府所有のハンブルクのゲストハウスに缶詰状態にされた。

オバマ前政権が、ホテルを確保していなかったため、トランプ大統領は、ハンブルグの政府所有の上院ゲストハウスに滞在した。


By DAVID MARTOSKO,  July 7,2017



豪華な宿泊施設は、すでに全て予約された状態だった。

G20サミットの間、トランプ大統領はハンブルクの政府所有の上院のゲストハウスに滞在している。

他の世界の政府関係者は、街の5つ星ホテルのいくつかに場所を確保していた。

しかし、トランプのスタッフが電話したときには、すべての宿泊施設は埋まっていた。

バズフィードはそのニュースを報道したが、トランプが昨年11月に選出される前に宿泊施設の予約が埋まっているという事実は省いた。

現在、ホワイトハウスの2人の側近は、オバマ氏のチームを非難している。

「彼らは、誰が大統領になったとしても、宿泊先を確保するために全く配慮していなかった。」

ハンブルクG20は2016年2月に発表されていた。


===================


ホワイトハウスは、今週のG20首脳会談でドナルド・トランプ大統領を適切なホテルを確保することもなく、政権を去ったことについてオバマ政権を非難している。


トランプ政権のホワイトハウスが問い合わせ始めた時点では、すでに一流の宿泊施設がすべて予約されていた。


ホワイトハウスの2人の側近は、前任者がアメリカの代表団の部屋を予約していなかったことが原因だという。


G20の北部ドイツ首脳会談は、オバマ大統領が依然として大統領だった時、2016年2月に発表された。


トランプ氏がホワイトハウスを取ることは、ほとんどい込みがないと考えらえていた時期だ。


「オバマの関係者は、みな見捨てられて去っていきました。」

と、ある現職役員が金曜日に述べた。


「誰が大統領になったとしても、滞在できる場所を確保することを全く気にかけていませんでした。」


====================


ハンブルクで開催されたG20首脳会議では、ドイツの首相アンゲラ・メルケルは、今週のG20首脳会議のためにしゃれたコンクリートブロックのホテルの部屋を持っていたが、トランプ大統領が政府所有のゲストハウスに滞在するさせられた。

なぜなら、 2016年初頭に会議が発表されたとき、オバマ政権が前もってホテルの部屋を全く予約していなかったからだ。

======================

ハンブルグの上院議員のゲストハウスに、トランプは滞在することを余儀なくされたが、彼の側近は、新しい大統領のために前もって予約することは、前政権の仕事だと主張している。

======================

オバマ氏は現在、民間の市民であり、巡回演説者として人気があり、ヒラリークリントン氏が大統領になった場合でも同じ問題を引き起こしたと非難されていただろう。


=======================


ホワイトハウスは、大統領がどこで頭を横たえているか、なぜか公式には無言である。

スポークスマンはコメントの要請には応じなかった。


DailyMail.comに語った当局者は、ホワイトハウスの旅行や「事前の」活動を直接知っている関係者を含めて、匿名性の条件で話した。


バズフィードは、トランプが彼自身所有する高級宿泊施設のような5つ星の宿泊施設の代わりに、ハンブルクの政府所有の上院ゲストハウスに滞在していることを木曜日に報告した。


ウェブサイトには、どの国際的な代表団が、どこに滞在しているかというリストを発表した。


パークハイアットは、ロシアのプーチン大統領のグループ、ルメリディアンはテレサ・メイの英国総理大臣を含むグループ、中国とイタリアの指導者は、グランドエリゼ、インド首相とカナダ首相は、アトランティック・ケンピンスキーでアンゲラ・メルケル首相と一緒に滞在している。


DailyMail.comはバズフィードの報道で発表された4つのホテルと別の6つに宿泊施設に連絡を取り確認した。


==================

パークハイヤットは、ロシアのプーチン大統領グループが滞在している。
「トランプが11月に大統領選で決まった時には、予約がすでに満杯だった。」
とホテルの従業員は語った。

================


グランドエリゼは、中国とイタリアの指導者が滞在した。9か月前には予約が満杯だったので、ホワイトハウスにはほかに選択肢がなかった


==============


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。