プーチン大統領スポークスマン:トランプ氏は、「博識」で「巧みな交渉者」である!

プーチン大統領スポークスマンは、G20首脳会議での”ウィンウィン”会談後、トランプ氏は、「博識」で「巧みな交渉者」であると述べた。


By RT July 10,2017


ウラジミール・プーチン大統領のスポークスマンは、ドナルド・トランプ氏が「無能である」という主張を「妄想のゴミ」だとはねつけた。

さらに、ハンブルクのG20首脳会議でロシアの大統領と米国との「楽しい」会談を行ったと述べた。


「私は、会談後、プーチン大統領が喜んでいたと確信しています。

私は、ドナルド・トランプ氏を個人的には知りませんが、彼がとても満足しているという印象があります。」

と、ドミトリー・ペスコフ氏は述べた。


ペスコフ氏は、2時間の会談には個人的な出席はしていないが、後に、ロシアのリーダーにから聞き、十分に把握している。


==================

↑ 緊急: 我々は、ウクライナ、シリア、サイバーセキュリティ、テロとの戦いについて討論している。トランプと会談中のプーチン


===============


ペスコフ氏はロシア1ニュースチャンネルに、

「トランプがやや無能である、あるいは初心者であるという告発は、妄想のゴミと分類できます。」と語った。


さらに、

「トランプは愚か者ではありません。

彼は専門家の知識があります。

そして、彼は非常に確固たる交渉者であり、彼の立場を伝えるため彼の知識を使うのがうまいです。」と述べた。


===============

↑ プーチン: トランプは、テレビとは違う。我々は、アメリカと関係を修復できる。


=================


ペスコフ氏は、誰がドイツでの会談に「勝ったか」を議論することは、「不合理である」と述べた。それで、ロシアと米国は、シリア国内の3つの地域での停戦に合意した。


また、プーチン大統領とトランプ大統領は、ウクライナ、サイバー犯罪、そしてもちろん、昨年の米国大統領選挙でのロシアが干渉したという主張についても議論した。


「我々は、現在、これはウィンウィンの出会いだったと自信を持って断言することができます。」

と、ペスコフ氏はきっぱりと言った。


================


↑ 最新:トランプ氏:プーチンとの会談は、素晴らしかった!

===================


2000年からプーチン大統領のスポークスマンであったペスコフ氏は、ロシアの指導者とトランプの妻メラニア夫人との間に「いくらかの親愛の情」に発展したと信じている。


2人は、公式のG20の夕食会で席が隣になり、男女平等と女性の経済的参加を含むサミットの議題に関するいくつかの問題について議論したことをペスコス氏は明らかにした。


===================

↑ メラニア夫人は、長時間のプーチンートランプ会談を終わらせるため送られた。
(予定時間を大幅にオーバーしたため)


==============

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。