トランプ大統領による指名は、不必要な妨害に直面


上院の民主党は、資格要件を満たした指名の確認を拒否することによってドナルド・J・トランプ政権と米国民を妨害することに決めた。


By  BY THE WHITE HOUSE   July 11,2017


上院の民主党は、資格要件を満たした指名の確認を拒否することによってドナルド・J・トランプ政権と米国民を妨害することに決めた。

米国民が投票した方針における大統領を阻止する目的で、民主党上院議員たちが、議会手続きを前回の政権には見られなかった時間のかかるやり方で行っている。


=================

(下記写真の説明)

不必要な民主党の妨害

【発声投票による確認】

2009年のこの時点でオバマの指名は、簡単な発声投票により90%確認された。

トランプ大統領の指名は、簡単な発声投票により10%確認された。

↑ ツイート: 民主党上院議員による不必要な妨害


================


米国民の意思と大統領の課題を妨害する目的で、民主党上院議員たちは、トランプ大統領によってなされる重要な指名を延期した。

トランプ大統領の指名の露骨な妨害は、空席にしておくことによって国家安全保障を含む政府の重要な側面を脅かす。


==================


(下記写真説明)

不必要な民主党の妨害

・1か月目: オバマ       454人の指名 69%

・1か月名 :トランプ    216人の指名 23%

↑(ツイート) 8月の休廷をさけて一か月以内に、上院は、トランプ政権のたった23%の216人の指名だけ確認された。


=====================


民主党上院議員たちは、大統領が適時に自分の任命者を選ぶことを可能にする伝統を無責任に壊す意思があることを示している。

トランプ大統領は職位を決定する資格のある個人を重要な位置に指名した。しかし、その確認が上院の妨害によって遅れた。


====================


(下記写真説明)

ドナルド・J・トランプ大統領は、不必要な妨害に直面している


上院の民主党は、資格要件を満たした指名の確認を拒否することによって

ドナルド・J・トランプ政権と米国民を妨害することに決めた。

====================


トランプ大統領の課題を骨抜きにする民主党上院議員たちのこの試みは、アメリカ人に最悪な影響を及ぼしている。

妨害者から支障なく、焦点を国民に戻し、よりよいアメリカを目指す大統領のビジョンを可能にする時だ。


==================


(写真説明)

(指名が)確認された人数

【不必要な民主党の妨害】

トランプ大統領    46人

オバマ大統領    183人

ブッシュ大統領  130人

(ツイート) 「民主党は、議論のレベルを上げるために討論終結をしない。彼らは、大統領をに破壊工作をするためにそうしている。」


=======================


(写真説明)

不必要な民主党の妨害


民主党上院議員は、米国民の意志を妨害しようとし、トランプ政権にによる重要な指名を遅らせた。

行政機関の大統領指名  197人  のうち 48人だけ確認された。

裁判官の指名は、23人のうち 2人だけ確認された。


↑ (ツイート)民主党上院議員は、米国民の意志を妨害しようとし、トランプ政権にによる重要な指名を遅らせた。


==============


元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。