ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤ;あなたが知るべきについての5つの事実

クレムリンとウラジミール・プーチンとの関係を持つロシアの弁護士は、2016年の選挙でドナルドトランプジュニア、ポール・マナフォート、ジャレッドクシュナーに会って、ヒラリークリントンについて「不利な情報」を明らかにすると約束したと、ニューヨークタイムズは報じた。


By Tom Cleary     July 10,2017


クレムリンとウラジミール・プーチンとの関係を持つロシアの弁護士は、2016年の選挙でドナルドトランプジュニア、ポール・マナフォート、ジャレッドクシュナーに会って、ヒラリークリントンについて「不利な情報」を明らかにすると約束したと、ニューヨークタイムズは報じた。


ナタリア・ベゼルニツカヤ氏は、元弁護士プエット・バララ氏が提訴した民事訴訟において詐欺罪で起訴されたロシア人ビジネスマンが関与しているとする事件の一環としてアメリカにいて、2016年6月9日にトランプ・タワーでトランプ・キャンペーンのチームの人物と会ったとニューヨークタイムズは報じた。


ニューヨークタイムズ紙は、「面談の内容は、キャンペーンの少なくとも何人かはロシアの支援を受け入れる気があったという最初の一般的な兆候を意味する」と述べた。


この面談は、トランプが共和党大統領就任を決めた2週間後に行われた。


ニューヨークタイムズは、ベセルニツカヤ氏は、養子縁組とマグニツキー法ついて議論したかったと報じた。


2012年に通過した米国の法律であるマグニツキー法は、疑わしいロシアの人権侵害者をブラックリストに載せていると報告している。

ニューヨークタイムズによると、プーチン大統領は、ロシアの子供たちのアメリカの養子縁組を止めることによって報復したと報じた。


「これは短い紹介会でした。私は、ジャレットとポールに立ち寄るよう頼みました。

私たちは主に、数年前にアメリカの家庭に人気があり、活発に行われロシア政府によって閉鎖されたロシアの養子縁組についてのプログラムについて議論しました。しかし、それは選挙運動の問題ではなく、そのことにつてのフォローアップはありませんでした。」

と、トランプJrは、ニューヨークタイムズの声明で述べた。

「私は知り合いに出席するよう頼まれましたが、事前に会う予定の人の名前は知らされていませんでした。」


=================

(海外ニュース翻訳情報局より)
マグニツキー法についての補足:
アメリカ政府は2012年、マグニツキー氏の死を受けて事件関係者と思われるロシア当局者に制裁を科すための「マグニツキー法」を成立させた。ロシアはアメリカ政府の当局者数人に制裁を課し、アメリカ人によるロシアの子供との養子縁組を禁じることで報復した。2016年12月にアメリカ連邦議会は、ロシアに限らずすべての国の人権侵害者が対象となるよう、マグニツキー法の適用範囲を拡大する法改正案を可決している。

また、2017年の3月21日に、ロシア人内部告発者の遺族の代理人を務めていたモスクワの弁護士がビルから転落し、重症をおった。出廷予定のわずか1日前のことである。

(ここまでハフィントンポストより引用)

プーチン大統領のロシアの子供たちのアメリカの養子縁組を止めた理由は、アメリカ国内のエリートによる小児愛者による養子縁組で、たくさんのロシア人の子供が行方不明になっていることが一番の理由だとの報道もある。


================

あなたが知るべきことは次のとおりです:



1.

ドナルド・ジュニアは、ベゼルニツカヤ氏が、民主党とヒラリーを支援に出資しているロシア人についての情報を持っていると主張していて、「漠然としてあいまいで不審感を感じた」と言っている。



ドナルド・トランプ大統領の息子、ドナルド・トランプ・ジュニアは、ナタリア・ベゼルニツカヤ氏との面談に同意する前に、ヒラリー・クリントンについての不利な情報を約束されたとニューヨークタイムズが報じている。


トランプJr.は、彼が知人の代わりにベゼルニツカヤ氏と会ったが、面談の前に彼女の名前を知らなかったと言った。


トランプJr.は、

「社交辞令を交わした後、その女性は、民主党全国委員会とクリントン夫人の援助に出資しているロシアと関係のある個人の情報を持っていると言っていました。」と述べた。


さらに、

「彼女の言っている事は、漠然としていて、曖昧で意味を成しませんでした。

詳細やサポート情報は提供されなかったし、提示さえなかったです。すぐに、彼女は意味のある情報をもっていないことが明白になりました。」と述べた。


トランプ・ジュニアは、話題がマグニツキー法に変わったと述べた。

「これが本当の議題であり、潜在的に役立つ情報だという主張が面談の口実であったことが、私にはっきりと分かりました。」

と彼は新聞社に語った。


==================


トランプJr.によってメディアに発表された完全な声明は以下のとおりである。:


私は、2013年ミス・ユニバース・コンテストで知り合った知人との面談を依頼されました。
その人は、選挙運動に役立つ情報をもっているかもしれないと言っていた個人です。
私は、面談の前に彼女の名前を知らされていませんでした。

私はジャレッドとポールに出席するように依頼しましたが、彼らにその内容をなにも話しませんでした。

私たちは、2016年6月に面談を行いました。

社交辞令が交わされた後、その女性は、ロシアと関係のある個人が民主党全国委員会とクリントン大統領の援助に資金提供しているという情報があると述べました。

彼女の言っている事は漠然としていて、あいまいであり、意味をなしませんでした。

そのことについての詳細や援助についての情報は一切提供されていないし、提示もされていません。

彼女は意味のある情報を持っていないことがすぐに明白になりました。

その後、彼女は主題を変えて、ロシアの養子縁組について議論を開始し、マグニツキー法について述べました。

これが本当の議題であり、潜在的に役立つ情報の主張がこの面談の口実であったことが私にはっきりと分かりました。

私は、話をさえぎって、私の父親は選出された当局者ではなく、むしろ民間人だったので、もし、公職になれば、彼女の発言や懸念がよりうまく対処されていただろうと彼女に伝えました。

面談は約20〜30分続いました。

それが終わったので、私の知人は私たちの時間を取ったことを謝罪しました。

それが、そのことの終わりです。

それ以上の接触やフォローアップはありませんでした。

私の父は、この面談やこれらの出来事を知りませんでした。


==================


この面談をセッテイングしたトランプJrの知人は、音楽評論家のロブ・ゴールドストーン氏であると、ワシントン・ポスト紙は報告している。

ワシントン・ポストによると、ゴールドストーン氏は、ミスユニバースコンテストで活躍しており、ロシアのポップスター、エミン・アガラロフ氏のマネージャーである。

彼の父親は、2013年にロシアで美人コンテストを後援した裕福なモスクワのディベロッパーである。


==================

↑ エミン ”アナザー・ライフ” オフィシャルミュージックビデオ(  2013年ミスユニバースコンテストft ドナルド・トランプ)


==================


ゴールドストーン氏は、ワシントンポストに

「”トランプ氏が大統領に選出されたら、ベゼルニツカヤ氏が、ロシア政府の養子縁組問題についてトランプ氏がどのように助けてもらえるかを話したかった”と私のクライアントが私に言いました。」と語った。


さらに、ワシントンポストのインタビューでは、クリントンについての話には触れなかった。

この面談は最近、ジャレッド・クシュナーとポール・マナフォートによって当局に明らかにされたと、ニューヨークタイムズが報じた。


トランプ大統領の外部弁護士のスポークスマンは声明で、ベゼルニツカヤ氏が彼女自身をゆがめて伝え、民主党との関係をほのめかしていると述べた。


トランプ氏の外部弁護士であるマーク・コラッロ氏は、声明のなかで、

「私たちは、自らの調査と一般公開の両方の報告から、会議の参加者は、彼らが誰で、誰が彼らのために働いたのか誤って伝えたことがわかりました。

具体的には、面談を希望した人物が、フュージョンGPSと関係していることがわかりました。

公的な報告によると、大統領に対する野党の研究を進めるために民主党の職員によって保持され、スティール氏がインチキな書類を委託しました。」

と述べました。


その声明では、元英国のスパイ、クリストファー・スティール氏がまとめた関係書類を参照している。

アンチ・トランプの研究は、フュージョン・GPSを雇ったジェブ・ブッシュの選挙運動を支援するスーパーPACによって資金が提供されていたことをBBCは報じた。

ワシントンDCに本拠を置くこの会社は、その後、関係書類を作成するためにスティール氏と契約を結んだ。

しかし、それが完了する頃には、トランプは共和党の指名を確保していた、とさらにBBCは報じている。

その結果、BBCによると、調査は民主党の職員によって購入され、結局FBIとメディアに引き渡されたとある。

コッラロ氏はトランプ大統領がこの面談に参加しておらず、それについて知らなかったと述べた。

ニューヨークタイムズによると、ベゼルニツカヤ氏のクライアントおよび活動は、以前はFBIの注目を集めていた。

彼女は土曜日、新聞への声明で、

「大統領選挙については何もしていない」と言い、面談で議論し、

「ロシア政府を代表して、絶対に行動したことはない」と述べた。

そして、

「これらの問題の何もロシア政府の一人の代表とも決して協議しませんでした。」と述べた。



(補足)
フュージョン・GPSとは・・・ワシントンDCの調査会社。野党研究のような政治的、商業研究と戦略的な調査会社。


ジェブ・ブッシュ・・ジョージWブッシュ大統領の弟。フロリダ州知事。共和党


スーパーPAC・・・ アメリカの政治資金管理団体。アメリカでは企業や団体などが政党や政治家に直接献金を行うことは禁止されているため、政治献金の受け皿となるPACを設立して個人から資金を集め、選挙運動への資金援助などを行ってきた。



===================================


2.

彼女は、トランプ・チームと協議した話題の一つであるマグニツキー法に反対する活動に参加していた。


ベゼルニツカヤ氏は、ロシアと米国のマグニツキー法に反対運動を導いた。

オバマ時代の法律に反撃においてロシア政府を支援した。


この話題は、トランプ選挙運動の仲間との面談間に議論されたと、ニューヨークタイムズは報じた。


マグニツキー法は、ロシアの弁護士セルゲイ・マグニツキー氏にちなん名づけられた。

マグニツキー氏は、ロシアの政府関係者の息子が所有する不動産会社、プレヴェゾンホールディングスに関連する詐欺を明らかにし、その後、ロシアで獄中死した。


米国政府によると、詐欺によって被害を受けたアメリカの会社、ハーミデージキャピタルの代理人としてその事件を明らかにした。


ビジネス・インサイダーによると、ハーミテージの創業者、ウィリアム・ブラウダー氏は2012年に法律を通過させるために戦った。

オバマ大統領は、マグニツキー氏の死に加担していると思われるロシア人のビザを拒否し凍結することを認めている。


そして、プーチン大統領は、米国人によるロシアの子供の養子縁組を止め、元マンハッタンの米国弁護士プエット・バララ氏を含む米国市民の反マグニツキーブラックリストを作成することで対応した、とタイムズ紙は報じている。


デイリービーストによると、ベゼルニツカヤ氏は、マグニツキー法を壊すためのロビー活動を主導してきた。

彼女はデラウェア州の非政府組織であるソロスの人権アカウンタビリティ・グローバル・イニシアティブ財団の責任者であり、同ウェブサイトによると、この養子縁組の禁止を覆すための法律と立法オプションの分析に取り組んでいる。


==============

↑(プリート・ブハララ氏のツイート)議会は、ほとんど何もしていない。2012年マグニツキー法 が、ロシアの不当に超党派の当然の答えで通過した。興味深いミーティング


==============


会社を詐欺で訴えている民事訴訟では、ベゼルニツカヤ氏と彼女の会社であるカマートンコンサルティングは、キプロスに拠点を置くプレベゾン・ホールディングスの所有者である著名なロシアのビジネスマン、デニス・カツィフ氏を代表している。


この訴訟は、当時の米国ニューヨーク州のナ南部地区の連邦検事であったプリート・ブハララ氏が提出したもので、2013年にマンハッタンで起こされた。


カツィフ氏の父ピヨートルは、ロシアの政府高官である。


「2007年には、ロシアの刑事犯罪組織が税金払い戻しの詐欺行為を精力的に行い、ロシア財務省から約230百万ドルの詐欺的な税還付を受けました。

不正行為の一環として、組織のメンバーは、ロシアで活動する外国投資ファンドであるハーミテージファンドの投資先会社の企業の個人情報を盗みました。

同組織のメンバーは、盗難拒否の詐欺的申立をするためにこれらの盗まれた個人情報を利用しました。」

と米国の弁護士事務所は記者会見で語った。


事件は2017年5月に和解した。

プレベゾン氏は不正行為を認めず、約6百万ドルを支払うことに同意し、この事件は解決した。

ベゼルニツカヤ氏はイズベスチアに、「和解は ほとんど政府からの謝罪です。」と述べた。


ここでの事件と判決について次のとおり詳しく読むことができます。↓

「彼女はただの民間の弁護士ではありません。」と、ブラウダー氏はタイムズに語った。

「彼女はロシア政府の手先です、」


ブラウザー氏 は、ビジネスインサイダーにマグニツキー法と戦うベゼルニツカヤ氏の「主なプロジェクト」であったと述べた。


「彼女が詐欺罪で告発されたプレヴェゾンの弁護の一環として、この行為に対してロビー活動をすることに明白な理由はありませんでした。そして、米国内で会社が詐欺罪で訴えられました。」と付け加えた。


同氏は、米法務省が提出したマネーロンダリング訴訟に対処するための支援はしていないとビジネスインサイダーに述べた。


「これを行う唯一の理由は、ロシア政府の命令であったはずだ」


=============

↑(ジョン・シンドラーツイート)ナタリア・ベゼルニツカヤ弁護士は、クレムリンと関係があるだけではない。彼女は有名なロシアのマフィア弁護士だ。

=============



ベゼルニツカヤ氏はまた、マグニツキー法によって発見された詐欺の背後にある真の犯人であるとブラウダー氏を訴えたロシアのテレビドキュメンタリーを制作するのを手伝ったという。


ブラウダー氏は、マグニツキー法の事件と関連してFARA(外国代理人登録法)訴状を提出し、ベゼルニツカヤ氏は、同報告書でロシアの法律反対派の主要人物と名付けられた。

以下のレポートを読むことができます:

チャック・グラスリー上院議員は、5月に司法省に手紙を送って事件の更新を求めた。


ワシントン・ポスト紙によると、ベセルニツスカヤ氏は、ロサンゼルスの制裁と米国とロシアの関係について聴聞会を行う外交委員会に出席するために、トランプタワーでの面談の後、ワシントンDCにいた。


彼女はその後、Newseumのマグニツキー事件について映画の上映に参加し、6月15日のスプートニクニュースで制裁とブラウダー氏に対する彼女の批判について紹介された。


「昨夜、米下院小委員会の代表がこの上映会に出席し、私が何か言うことがあれば、ロシアの弁護士として報告することができると言いました。」

と彼女はスプートニクに語った。


「私は今日書面による報告書を提出しました。

私はそれを弁護士として話す資格が与えられます。そして、議会がこの複雑な話を理解するのを助けることができる事実を知っていると言いました。」

と彼女は付け加えた。

その報告書はすぐには入手できなかった。


彼女は、スプートニクのインタビューで、ブラウダー氏が米国政府を欺いたと主張した。

「その後、議会はほとんど満場一致でこの法律を採択し、税金詐欺のために拘留されていた人の名前を付けました。税法上、米国市民権を放棄した男によって法律が働きかけられました。」と述べた。


============================================================


3.

ベゼルニツカヤ氏は、アメリカの当局者によって悩まされたと主張した。

米国を旅行している間、裸にされ所持品検査をされ屈辱をうけたりすることも含まれる。


ベゼルニツカヤ氏は、弁護を支援するために米国に旅行する資格を手に入れる困難さの中で、事件の間に宣誓供述書を提出した。


2015年に彼女は、人道的な臨時入国許可を受けてニューヨークに来たが、2016年に失効される予定だった。


ベゼルニツカ氏は、2016年6月、トランプの関係者と出会い、2017年1月にクライアントを法廷に付随させるなど、少なくとも2回以上米国に戻ったため、臨時入国許可が延長されたようだ。


以下のドキュメントは次のとおりです:

この文書では、ベゼルニツカヤ氏は、2015年11月以降、(米国の)政府に嫌がらせを受けていると主張している。


彼女は、ヒースロー空港で、ニューヨークからロンドンへの旅行の後、米国に帰国しようとしている間に起こった1つの事件について書いた。


「米国政府が私に割り当てた臨時入国許可のために、私を特に標的にしたヒースロー空港の職員によって2時間拘留された」と彼女は書いた。


「私が拘留されている間、はっきりとした理由もなく、不当に裸にされ身体検査を受けました。私のクライアントが訴えられた訴訟に対して弁護するため米国に入国することを約束した場合、私はそのような屈辱を受けるべきではないです。」


===================================================


4.

彼女は1998年にモスクワ州法学アカデミーを卒業し、2003年に彼女の会社であるカメルトンコンサルティングを設立した。

プレヴェゾンホールディングスの事件の裁判記録によると、ベゼルニツカヤ氏は、モスクワ州立法学校を出て、1998年に卒業した。

卒業後、彼女は3年間州検事のオフィスで働いと、彼女は書類に書いている。


「私はモスクワ州の議員のよって採用された法律の適法性を監視し、3年間そこで働きました。」と彼女は書いた。

「その後私は民間企業に移りました。

2003年には、私は民間の法律事務所であるカメルトン・コンサルティングを設立し、後に5人の弁護士を含む30人の従業員のいる事務所に成長しました。」


ベゼルニツカヤ氏によると、彼女の会社のクライアントには、「大企業の所有および民間企業、ならびに不動産および銀行部門の顧客」が含まれているという。


彼女は、彼女が「経済犯罪を含む多くの刑事事件の被害者を代表している」と述べた。


ベゼルニツカヤ氏は、彼女が英語で話すことも書くこともしないと文書で述べている。


彼女は、トランプの外部弁護士からの声明によると、トランプ選挙運動の関係者との面談で翻訳者を連れてきた。


裁判所の文書によると、ベゼルニツカヤ氏の元夫が輸送モスクワ地域担当副大臣だった。

彼女には、子供がいて、米国で働いている間、クリスマス休暇中に彼らと一緒に過ごせるようビザを取得しようとが、アメリカの当局者はその要請を断った。


================================


5.

彼女はアメリカ政治に興味を持ち、フェイスブック投稿した。オバマ政権、サリー・イエーツと女性の行進について関心を示した。


ベゼルニツカヤ氏はアメリカの政治に関心を示している。

フェイスブックのページには、トランプとオバマ政権に関するニュースが投稿されている。

彼女の反オバマの立場は、マグニツキー法との闘いに由来しているようだ。


しかし、彼女は、新政権がアメリカと母国の関係を安定させることに役立つとの希望を1つの記事で表明したが、理想的には彼女のクライアント立場である。


「裁判、新しい弁護士、新しい裁判官、新大統領、舞踏会と爆破の始まりは、一日で、5番街で -腐敗したメディアを生み出すシュメル氏(民主党上院議員)の指揮のもと、大衆の間に何がおこっているのか理解する完全な幼児主義、ユーモラスなショーでは最も深刻なことが起きている。そして、国への入国の禁止と再び数百の柵と週末、国務院全体の辞任 。」

と、彼女はロシア語で書いている最初のイスラム教徒旅行禁止令に対する抗議、そしてプレベゾン・ホールディングス事件のための2度目のニューヨーク滞在中に起こったサリー・イエーツ氏の辞任に言及した。


彼女はまた、別の投稿でイエーツ氏について書いた。

「現在の米国司法長官サリー・イエーツ氏は、政府のために働くすべての弁護士は政府とトランプの命令を保護する権利があるというわけではないと述べた。

彼女はそれが違法で許しがたいと言います!

あなたは、特定の国からその国に市民を禁止することに関して好きなだけ議論することができますが、私は司法長官にそうするような規範を思い出すことができません。

そのような場合、一般は辞任しなければならない。

そして、それはゲームのようであり、オバマの最後の日のようです。

ベゼルニツカヤ氏は、彼女が反対した女性の行進について投稿し、主催者の一人であるリンダ・サルソール氏がハマスと関係があると主張するストーリーをシェアした。


彼女はニューヨークのホテルから、その行進の写真をシェアした。

「あなたはどう思いますか?「私の体は私の選択です」 - 中絶、同性愛、不法移住、2人の大統領のことです。

誰の秩序も理解できなかった - それは現在「人権」と呼ばれている。

彼女のフェイスブックの友人の1人は写真が「自由」を示すと言った。

ベゼルニツカヤ氏は、ロシア語で、抗議者によって着用されている「猫の帽子」と述べた。:


もし、それが本当の自由なのであれば、女性の生殖器のイメージを頭に入れ、自分の子供をこのショーに連れて行き、そのようなタグをつけてください。
まさに目の前で起こっている深刻な事を見るのは幼稚ですが、頭脳の緊張の何かを必要とします。 -
私はそれに反対しています!爆破し、殺し、強姦するための電話やデモ - これも自由ですか?
これは自由ではありません。
そして、このすべての忌まわしさをこれらの人々の頭に導入した人々の世界における結論。
ちなみに、ニューヨークでは、数日後に催眠術から目を覚まされた人々が、最初に歓迎するのがとても嬉しかったことを知り、衝撃を受けました。
何人かは単に彼らが行進していると言うことを恥ずかしく思っていました。
好奇心と群れの本能のためにそこに行くのです。


彼女はまた、1月25日に

「国務省は、パレスチナ政府へのオバマとケリーの支払いを停止した。パレスチナ政府は最後の時間に過ごそうとしました。」と投稿しシェアしている。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。