ジョン・マケイン、がんの診断について語る

ジョン・マケイン上院議員は、水曜日の夕方の電話で、上院議員の同僚に、「さらに悪い結果だった」で悪性の脳腫瘍と診断されたことを明らかにした上で上院に戻ることを誓った。


by Hannity.com Staff July 21,2017


ジョン・マケイン上院議員は、水曜日の夕方の電話で、上院議員の同僚に、「さらに悪い結果だった」で悪性の脳腫瘍と診断されたことを明らかにした上で上院に戻ることを誓った。


衝撃的な発表の後、マケイン上院議員は、長年の友人のリンジー・グレアム上院議員と話し合った。

彼の病気の予後と共和党のヘルスケア法や上院院内総務のマケイン氏が欠点のない廃止法案の要求など、政策上の問題について話し合った。


「この病気は、決して好敵手ではありません。」とグレアム氏は話す。


マケイン氏は健康でいい精神状態だということを表明したと付け加えた。


ジョン・マケイン氏は、ベトナム戦争の捕虜として、5年以上を過ごし、叙勲された戦争の英雄で、今週、左目上に2インチの血塊を除去するために上院を欠席した。


水曜日、血塊は、友人で同僚のテッド・ケネディ上院議員を悩ました悪性の脳腫瘍と同じ膠芽腫に関係があったことを明らかにした。


メーガン・マケイン氏は、ソーシャルメディアで、彼女の父親の病状にすいてコメントした。


「私の父に対する私の愛は果てしなく、私はできない娘のように、彼なしの世界は望んでいませんし、考えられません。私は、その日々がはるか遠くにあると信じています。」


大統領はまた、マケイン氏の家族に対する支援をつぶやき、上院議員の速やかな回復を祈った。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。