NYタイムズのトランプとのインタビュー(抜粋)昭恵夫人*削除されていた部分を付け加えました。


By THE NEW YORK TIMES    JULY 19, 2017


**訂正いたします。

当サイトが入手したNYタイムスの記事の文字スクリプトがトランプ大統領の発言が抜粋されていました。削除されていた部分を付け加えました。


トランプ大統領は、水曜日に、ニューヨークタイムズ紙の3人の記者、ピーターベイカー(Peter Bake)、マイケル・S・シュミット(Michael S. Schmidt)、マギー・ハーベルマンと、大統領執務室でインタビューに答えました。

その他、ホワイトハウスの広報担当者、ホープ・ヒックス氏も出席しました。

途中で、大統領の娘で顧問のイヴァンカ・トランプが出席し、娘のアラベラが部屋に入ってきました。


以下は、ザ・タイムズが書き写したその会話の抜粋した中から、今、話題になっている昭恵夫人の事を語っている部分を、そのまま訳しました。

下記部分は、音源を聞いたわけではなく、あくまでも文字からの翻訳です。


=======================


ベーカー:

記録にあるように、多くの人々が夕食会でのプーチン大統領との会話に興味があります。驚くことではありません。しかし、あなたは何を話しましたか?それと・・・。


トランプ :

それで、その夕食は非常に予定時間が長い夕食でした。

そして、それはオペラの夜だった。ドイツとメルケル首相の最後の夜の別れでもありました。

彼女の夕食会でした。皆それを知っていました。それは、ご存じのとおりです。

トランプ:、配偶者同伴でそこに着くと、何千ものメディアが待っていました。君たちは、知っているだろう?君は、そこにいたの?


ベイカー:

いいえ、ジュリー(ジュリ・ハーシェフェルド)とグレン・サラッシュがいました。


トランプ:

そう、相当な数のメディアだったよ。

我々は、妻たちと国の指導の全員で外の川の上で写真を撮りました。

そして皆でオペラを見るために中に入りました。その後、オペラは終わりました。

それから大統領だけでなく、国際通貨基金のマネージングディレクター、ラガルド(クリスティン・ラガルド)もそこにいました。

素晴らしく、いろいろな人達だと思います。

EUの人々、リーダーだけでなく、かなりの人がいました。

私はあなたに2倍の20倍、40倍の人がいると言いたいのですが、さらに10〜15人の人がいたたかもしれません。クリスチャン・ラガルドもいたし、その他にもいました。

それで、私は安倍首相の妻(日本の安倍晋三)の隣に座っていました。

私は素晴らしい人だと思っています。彼女はすばらしい女性ですが、英語は話しません。


ハバーマン:

何も?ホントに?ゼロみたいな?


トランプ:

ハローはなかったような…


ハバーマン :

それは居心地が悪いですね。


トランプ:

そうだね。大変だよ。だってほら、君がそこに座ったら

「日本の奥様の首相、安倍首相ととても良い良好な関係だから、私はそこに座っています。日本語の通訳が1人いたから、もし、そうでなかったら、お互いにもっと大変だったと思います。しかし、彼女と一緒にこの夜を楽しみました。 本当に素敵な女性です。楽しかったです。すべてが良かったです。」


(NYタイムスでこの部分が削除されていました)↑





========================


海外ニュース翻訳情報局より


これは、インタビューアーに乗せられて語った感があります。

それで、この夕食会の様子を調べてみました。

トランプ氏とメラニア夫人は、斜め前の席で、メラニア夫人がプーチンと楽しそうに会話をしているのを見ているわけす。

下記の音源のインタビューでもそのことを言っています。

恐らく、昭恵夫人とはあまり話が出来ず、その点ではつまらない夕食会だったのだろうと感じます。

リベラルは、昭恵夫人は、わかっていてトランプが嫌いだからわざと話さなかったと「よくやった」という報道とコメントです。

そうでないコメントも昭恵夫人は、「通訳がいたから、彼女は、英語を話せないわけではなく、日本人らしく、つつましやかだからだ」とか「日本語と英語の文法が違いすぎて難しいよ」という意見が見受けられます。

海外のコメントでは、昭恵夫人に対しての否定的な意見は見受けられません。

しかし、トランプ氏は、彼のサービス精神から、相手を知りたいと思うタイプだと思われますのではっきりと意見を言った方が上手くいくかもしれません。

次回は、つつましやかよりも、もう少し直接の会話をされることをお勧めいたします。(って余計なお世話ですねww)

↑↑

↑↑

削除されていた部分を読むと、トランプ大統領も昭恵夫人も楽しくすごされていたようです。

削除部分を見つけられなかった事をお詫びいたします。(7月22日)

(2分20秒ぐらいからG20のプーチンとメラニアが隣の席になったのディナーの話が出ています。)



参考引用↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。